FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

≫ EDIT

へそ祭り2020

今年も司会でやるのですが・・・




北海道に仕事で来ました。いつもの【北海へそ祭り】の司会なのです。例年ならメイン通りにステージが組まれて

fc2blog_20190728130247cc4.jpg


餅まきがあったり、イベントがあったりして盛り上がって

20190728_164322.jpg



やっぱりメインは、毎年2日間で60を超える団体が参加しての『へそ踊り』なわけです。

fc2blog_20180730043630762.jpg


fc2blog_201807300437447f1.jpg




それが、今年は、ステージもなく





露店もなく






祭りをリモート配信でやるという・・・はぁ?祭りをリモート?それは、お祭りなの?見るの?お祭りを?見てる人は、お祭れるの?



結果、ここからの発信という祭りです。

IMG_9052 2

いやいやいや、お祭りが、そんなこじんまりとしちゃ・・・



楽しい。リハーサルをやってまして、楽しかった。いや、もちろん、お祭りはステージがあったり、太鼓や踊りや歌があったり、露店があったり、それで人がワイワイ集まってきてこその祭りですよ、うん、それはそう。



ただ、この状況で、中止ではなく、延期でもなく、楽しく出来ることはあるんじゃないの?という、その心意気というやつ?


しかも、とりあえずやる?的な感じではなく、全力でやる。

IMG_9051.jpg

グリーンバックもあるということは・・・



よかったら、ご一緒に!



YouTubeの配信は18時から、LIVEにて・・・コチラです



さきほど、午前8時の時点で、ちょっと覗いてみました。その時のスクリーンショット。左の隅を見たら・・・

スクリーンショット 2020-07-28 08.54.28

4人が待機中。



まぁ、オレを抜いたとして3人が待機中・・・って、早い!早い早い!!あと、10時間あるわ!!



本日、18時より開催。合言葉は、毎年やってますが、一切バズらない。そして、毎年、海外からの観光客が、何人か付き合ってくれるというだけの合言葉



OH!HESO!!で始まります・・・たぶん。

| ヒトリゴト | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンケングリコ

JANKEN GLICO 2020 REMOTEの練習中なのかな?





埼玉県川口市、川口西公園リリアパークにある銅像。この銅像もまた、なんとも話しかけたくなる銅像です。ここリリアパークとには、たくさんの銅像があるのですが、そんな中でも、ひときわ目を引く兄妹の銅像です。

ジャンケン01

これは、話しかけるでしょ!



やっぱり、お母さんですよね、2人の。というわけで、久々の?おばちゃんです。あ、オカンです。



実は、この銅像をロケハンした時に、これは、オカンだ!と、コンセプトは、すぐに決まりました。で、その時に、シッカリ写真も撮ってるので

ジャンケン03

兄と



ジャンケン02

妹です。



なのに、なにを思ったか、おねぇちゃんと弟の姉弟だと思い込んでしまいました。で、撮影の日によく見たら、お兄ちゃんと妹の兄妹だったのですよ。



これ・・・大きく物語は変わりますよね。



お姉ちゃん(グー)が弟(チョキ)にジャンケンで勝ってると思って物語を考えてたら、実は、お兄ちゃんが妹にジャンケンで負けてるという、実にいいお兄ちゃんなのですよ。



そんなワケで今回は・・・

じゃんけんサムネ2

普通に考えたら、お姉ちゃんが弟に勝ち続ける銅像なんか創らんか!


全編は・・・コチラからどうぞう



『どうぞうと』 season2 #15 マナブとナオコ

脚本・演出・出演 福島カツシゲ
撮影・編集    坂田直貴
音楽       大崎聖二
ナレーション   森上千絵

| ヒトリゴト | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チケット購入の壁

クレジット払いとコンビニ払いがあります。




本日、石巻の牡鹿半島、鹿立浜の大将・石森さんから電話が来ました。

fc2blog_20160111202635a66.jpg

あのさぁ、チケットって、どうやって買えばいいの?



というわけで・・・そんなチケット購入方法が、イマイチわからない、また、こういうの諦めちゃうという方、朗報です!!



今から画像つきで説明します。



まず、コチラをクリックしてもらうとこんなページに飛んでいきますね。

スクリーンショット 2020-07-24 21.59.06




ここまではたどり着けますか?

fc2blog_20160111202635a66.jpg

あたりめ〜だ!!



で、ココです。石森さんは、この先でつまづきました。

スクリーンショット 2020-07-24 20.47.50

ここの【チケットを申し込む】っていうところをクリックして下さい。



そうすると、こういうページに飛びます。

スクリーンショット 2020-07-24 20.48.22

で、ここで注意してもらいたいのは、どこを選んでも『1人1枚まで』と書いてます。



今回は、チケットが送られてくるわけではなく、配信なのでパソコンに、URLとパスワードが送られてきます。なので、1人(1パソコン)1枚(1パスワード)という風になるわけです。分かりました?

fc2blog_20160111202635a66.jpg

まぁ、なんとなぐ、わがった・・・



ちょっと不安ですが、先に進みましょう。見たい時間のチケットを1枚にして【次へ進む】をクリックすると、ここに飛んできます。

スクリーンショット 2020-07-24 20.49.41

さすがにクレジットカード番号を記入するわけにいかないのですが・・・



石森さんは、「クレジットで買いもんスッから」と言ってたので、この先は大丈夫だと思うのですが、「クレジットで払うのは不安だわ」という方に、一番下のコンビニ払いの場合を押さえておきましょう。



コンビニ払いをクリックして次に進むと、コチラに飛んでいきます。たぶん、クレジット払いからもココにやってくると思います。

スクリーンショット 2020-07-24 20.50.24

で、この一番上の『ここ大事』と書いた空欄が大事です。



メールアドレスを間違えないように書き込んで下さい。間違うと、URLが届かないですからね・・・たぶん。さぁ、もうすぐゴールです。諸々書き込んで確認したら、【申込みを確定する】をクリックして下さい。すると、こういうページになります。

スクリーンショット 2020-07-24 20.51.24

これで、終わり・・・・じゃないんですよ。



まぁ、クレジット払いだったら、決済されて、後はURLが届くのを待つだけなのですが、コンビニ払いの場合、そうです、コンビニに行かないと終わらないのです。お支払い番号を確認すると、ここにやってきます。

スクリーンショット 2020-07-24 20.52.08

入金待ち状態ですので、3日以内にコンビニでお求め下さい。



あ、そうそう、コンビニでは、チケットを受け取るわけではなく

fc2blog_20160111202635a66.jpg

なに?チケットもらえねぇのか?それは詐欺じゃねえのが?



いえ、支払いの確認が取れたら、パソコンにURLが送られてきます。みなさん、大丈夫ですか?いやぁ、結果的には、石森さんのおかげで、いいページが出来ました。

fc2blog_20180422162802411.jpg

ほれ、そうでしょ、そういうことなんだわ。



石森さんちは、大きなテレビがあるので、パソコンを繋いでチケット1枚買えば、家族みんなで見る事も出来るのですが、「水害で困ってる人たちのとこに届けてもらうから4枚買う」と言ってくれました。



石森さんの元に、そして、みなさんの元に、無事にURLが届きますように・・・



今回は、アーカイブもチケット購入日の公演後、24時間見れますので、是非、タイミングの合わない方も、ご検討下さい。



さぁ、チケットは・・・コチラからスタートです。

| ヒトリゴト | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キッカケは何だったのか?

友人のTwitterへの投稿でした。



東日本大震災で、石巻に向うキッカケは、毎日のように『人さえいればなんとかなる』という友人が発信してるメッセージでした。同じようなメッセージでも、届くまで何度でも発信していく事の大切さを感じています。



舞台【イシノマキにいた時間】の中に、大阪出身のヒロキが
 
「就職で上京してすぐに、阪神淡路大震災がありまして、ふるさとがエライことになってる時に、僕はボランティアには行きませんでした。それどころか、実家にも帰りませんでした。そやから、偉そうなことは言われへんねんけど、今回もね、被災地に行きたくても行けなかった人がたくさんいると思うんです。」
 
と言います。



石巻に行ったのは、友人の言葉がキッカケでした。半年ほどたっても被災地でボランティア活動を続けていたのは、帰るキッカケがなかったからなのか、続けるキッカケがあったからなのか、何を思っていたのかは、少しだけ、この舞台で伝えられるのではないかと思っています。



どこまでが、ボランティアの支援なのか?その先にある支援の形は、なんなのか?



震災から1ヶ月、半年、1年、3年、5年と、区切られた時期に報道される事は、伝える側が切り取った一部分であって、大切なのは、そこに至るまでの経過を伝えることなんじゃないかと、ずっと思っています。



去年の台風15号19号の被害は?2年前の西日本豪雨災害は?4年前の熊本地震は?東日本大震災、新潟中越地震、阪神淡路大震災は、もう復興したのでしょうか?



舞台を観てもらうと分かるのですが、登場人物は、ボランティアのヒロキ、ヤス、ヒトシの3人だけです。舞台の中のヒロキとヤスは、あの頃(2011年11月頃〜2012年年明け頃まで)の事を伝えています。ヒトシだけは、現在進行形で石巻と向き合ってる舞台です。

web用九劇公演裏3のコピー


だから、今を伝えるヒトシの言葉と想いは、少しづつ変わってきています。



是非、多くの人に見て欲しい舞台です。



なんか、ちょっと熱めに(熱苦しめに)書いてしまいましたが、誤解を恐れず言うと、コメディアンが笑いを通して伝えたいと思って続けてきた舞台です。きっと、笑ってももらえるんじゃないかと思っています。



劇場でお待ちしていますと言いたいのですが、画面の向こうでお持ちしています。

| ヒトリゴト | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やってしまいました

稽古が始まりました。




いつも稽古の始まりは、雑談からです。雑談で笑ったり怒ったり悲しかったりの感情を、ひと通り出して、さぁ・・・

EdjRDxqU0AEGLv-.jpeg

完全に、漏らしたオッサンですが・・・



違うんです、違うんですよ!!なんていうか手の置き場が違ったんですよ。しかも、噴霧の方のスプレーじゃなくて

EdjRDPMU0AEO3rr.jpeg

ゼリー状のが飛んできました・・・ココに。



さて、公演まで2週間を切りました。今日は、マスクをしたままでの稽古でした。伝えるべきことは、セリフではなく、それぞれが過ごしてきた時間であり、あの頃の記憶と記録だと思っています。



そんな風に思いながら毎回稽古をしますが、今回は、不思議な感じです。マスクをしていると、なかなかシンプルに感情が伝わってこないということに気づきました。表情というのはホントに大事だなと、今更ながら気づきました。



このマスクがスタンダードになって、もちろん交渉事や、お祝いの言葉だったり、謝罪なんかも、マスクをしたままという事が当たり前になってくると、あなたが、いま、何を思っているのかが、これまでより伝わりづらくなってくる気がします。



表情というのは、言葉よりも伝わっていた事がたくさんあっただと思いました。それでも、話すことで伝わることもたくさんあると信じています。



言葉をかわすだけでなく、表情も含めて『対話』なのだと思う今日この頃、いや、今日、そんな風に思いました。

| ヒトリゴト | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9年半という時間

みなさんは、どう過ごしてきましたか?



 
2011年、ゴールデンウィークに東京での舞台演出が終わった次の日に、東京から、石巻に原チャリで向かいました。きっと、まだ車が通れなったりするんじゃないかと考えたからでした。



結果、すでに車の通行は可能で、原チャリで行くことはなかったのだけど、最初に石巻の専修大学(拠点となっていたテントサイト)についた時は、実は津波の被害にあった場所を、ほとんど目にすることなく到着しました。



2日後でした。日和山から、その風景を見た時に、何を思ったか、正直覚えていません。日和山から拠点の専修大学に戻ってきた時に、「人が、どうこう出来ることじゃない。オレは帰ろう」と思いました。



それから半年間、ほぼ石巻にいて、その後、半年間、石巻と東京に半々の生活で『石巻通心』という月刊誌を書いていました。



なぜ、半年間、石巻にいようと思ったのか、それが、この【イシノマキにいた時間】という舞台の中にあるのかもしれません。



この作品は、石巻にいたボランティアの活躍が描かれれているわけではなく、もしかしたら逆かもしれません。いや、逆ではないけど、あの頃常に「いつまで?どんな支援を?誰のために?」という葛藤が、少なからずボランティアのメンバーにはあったような気がします。



この舞台には、3人のボランティアしか出てきません。



ボランティアに行った人にも、ボランティアに行けなかった人も、ボランティアには行かないと決めた人も、みなさんに見て欲しいのです。



過去にあった出来事ではあるのですが、今も続いてる時間です。あなたは、この9年半という時間を、どんな風に過ごして来ましたか?

web用九劇公演表


今回は、無観客での生配信となりますが、アーカイブも24時間も見れます。



チケットは、コチラからお願いします



チケットを購入するのに、いろいろ決まり事などのハードルがあありますが、是非、そのハードルを乗り越えて辿り着いて下さい。



是非、画面の向こう側でお待ちしてます。

| ヒトリゴト | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡を起こしたいと本気で思ってます

無観客の生配信、やります。




もう、9年続けている舞台『イシノマキにいた時間』を無観客で生配信します。8月4日と5日の2日間ですが、なんとか『配信で1万人の人に見てもらう』 という目標を立てました。立ててしまいました。


今、演劇界が危機的な状況になっていて、そんな中で、浅草九劇という劇場が、新しい形のリモート型劇場というチャレンジを始め『イシノマキにいた時間』の生配信が、チャレンジのスタートとして決まりました。


正直、まだまだ演劇は足を運んでこそだと思っていますが、何かを始めて、今の場所から一歩でも前に進まないと、新しいカタチは見えてこないだろうし、この生配信の先にある可能性を見つけて、もう一歩も二歩も進んで、新しい舞台の幕をこじ開けたいと思っています。


今、演劇界だけでなくエンタメ全体が覆われている雰囲気を変えられるぐらいの革命を起こしたいと思って、ここは、もう1万人に見てもらう!と、無謀な目標を立てました。


ただ、この作品は、オッサンが3人(うち一人ポッチャリ)しか出演していないのに、9年間で2万人以上の人が見てくれました。わずかだけど奇跡を起こせる可能性があるのではないかと思っています。


今回のリモート生配信は、有料配信(2,000円)です。これまでと同じように、チケット収入のうちスタッフさんへのギャランティとチケット販売手数料の経費をのぞいた全額を、災害支援の支援金として責任を持って届けます。お芝居を見ていただくための2,000円のうち1,500円分が、災害支援の活動費として寄付されます。


これはもう、ドラえもん募金というより、舞台もん募金です。


生配信は、全国、なんなら世界どこからでも、それぞれのスタイルで見てもらえるというメリットもあり、今回は平日公演で、4日は19時、5日に14時と19時の配信です。14時からだと、お昼すぎに自宅で休んでる人にも見てもらえるんじゃないかと期待しています。


この舞台を見終わった時の思いを、そのまま支援の活動に繋げたいと思っています。どうか、あなたのチカラを貸して下さい!

web用九劇公演表


チケット情報は、コチラからお願いします

 (20日12時より販売開始です)



舞台【イシノマキにいた時間】 脚本・演出 福島カツシゲ

| 熱闘前 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づきました?

昨日の動画。




みなさん気づいたのかなぁ・・・ナレーションでは「東京都北区赤羽南二丁目児童公園にある銅像」って言うてるんですけど

スクリーンショット 2020-07-18 22.32.50

ここ、足立区ではないんです。



更に

スクリーンショット 2020-07-18 22.33.15

千住ほんちょう公園ではないんです。



ここは、赤羽南二丁目児童公園・・・かと思いきや、正確は【赤羽南二丁目児童遊園】そう、児童公園ではなく児童遊園なんです。でもナレーションの森上千絵ちゃんには、児童公園という原稿を渡していたので、ちょっと強引に『児童公園』で押し切ります。



ただ、さすがに

スクリーンショット 2020-07-18 22.33.15

ここは訂正しないといけないので・・・



よかったら、文字が直ったバージョンもお楽しみ下さい。それでは・・・コチラから、どうぞう



文字を修正した代償は・・・再生回数0になりました。

| ヒトリゴト | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わんぱく大将

北区赤羽南二丁目児童公園。





近日公開と書きましたが、こんなに近日ですみません。この堂々たる立ち姿、いくつなのでしょうか?誰かを待ってるのでしょうか?

赤羽南二丁目児童遊園02のコピー



と、そこに、一人の男が詫びを入れに来ました。実は、この銅像、2回撮影しに来てます。最初は・・・



スクリーンショット 2020-07-18 01.54.29

座ってました。




実際にYouTubeにアップしたのは、立って話してます。

スクリーンショット 2020-07-12 08.28.48

衣装も変わってます。



銅像のタイトルが『わんぱく大将』・・・昭和の匂いがします。



season2の『どうぞう と』14作品目です。

全編は・・・こちらからどうぞ




『どうぞうと』 season2 #14 『アニキ』

脚本・演出・出演 福島カツシゲ
撮影・編集    坂田直貴
音楽       大崎聖二
ナレーション   森上千絵

| ヒトリゴト | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は劇的な出会い

新しい仕事の話。




恭平くんとの打ち合わせで、いろいろ話していくうちに・・・東日本大震災後、雄勝にボランティアに入っていたと聞く。そして、出身が石巻だとも。もう、出会うべくして出会った青年。



いいチームで仕事が出来ることにワクワクしている。今回の新しい仕事は、石巻だったりボランティアの事とは違うけれど、とてもいい時間を過ごせる気しかしない。



間違いなく、共通の知り合いたちが、ボロボロ出てくるような気がする。

| ヒトリゴト | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT