福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何気ないこと

テーブルとしての使命。




とあるカフェに入って、なんか気になった。






どっちのイスからも背を向けられたテーブル・・・






キミのペアは、どこ行ったんや?

| ヒトリゴト | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌駅前交差点

背後から聞き覚えのある声が聞こえてきた。





北海道から東京に戻る日、呼び止められたワケでもなく、なんか聞き覚えのある声が、ヒトリゴトみたいに喋ってました。



ヒトリゴトにしては、なかなかのデカイ声で喋ってたので、振り返ったら、聞き覚えもあるけど、見覚えもある顔でした。



久保隆徳さん(敬称付けるけど同い年)



久保さんが札幌駅前交差点を歩く人たちに言ってました。



『あなたは、それを、目の当たりにする。』と。



何を目の当たりにするのか、大事な事を聞き逃しましたが、きっと、大事な何かを目の当たりにしちゃうんだと思います。



札幌駅南口駅前のファイターズビジョンで、久保さんが、ELEVEN NINESの舞台【12人の怒れる男】を告知してました。



ものすごい怖い顔して。



この【12人の怒れる男】は、1954年に放送されたアメリカのテレビドラマで、その後リメイクして映画にもなった名作です。原作者のレジナルト・ローズが、(たしか、実際に体験した)陪審員制度からアイディアを得て作られた作品です。



そんな名作を、ELEVEN NINESが、舞台として3度目の再演です。ワンシチュエーションの会話劇で、とても見応えある作品です。



しかも、出演者のうち8人が知り合いで、まさに北海道演劇人オールスターズです。なかなか、東京でも、こんなに知り合いが出てる舞台は珍しいです。



改めて、自分の拠点が、よくわからなくなってきました。そんな舞台【12人の怒れる男】詳しくは・・・コチラ




北海道にお住いの方で、お芝居好きの方は、是非!

| ヒトリゴト | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ことのほか、小さめ

新潟から北海道へ。




たまに『この飛行機、ちょっと小さいんちゃう・・・』と、嘆くことがあります。本日は、そんな嘆きの時より、ふた回りぐらい小さめの飛行機。



給油してるトラックと並んでるのを見てもわかるけど





もっと分かりやすいのが、ボーディングブリッジ、いわゆる、搭乗口まで伸びてる廊下的なやつです。



あの、接続部分を見れば、普通は



これぐらいのサイズ感ですが



今回の飛行機は



ジャバラの部分、余ってるやん!



というサイズ感です。



そういえば、昨日のBlogに「何も書くことがなかったら、新潟の芝居バカ・マル丸山の事を書こう」って書いたが、まぁ、いいか。



まさか気になってる人や「期待してたのに〜」という人は、いないと思うのですが、もし、ココロのどっかに引っかかりのある人がいたら申し訳ないので



一応・・・コチラをどうぞ



昨日の池ちゃんとは違った意味で読んでもらいたいとは思います。あの頃「すげぇな、このオッサン」って思ってましたが、今は、2周ぐらい回って「ね?バカでしょ?」って紹介できたりします。



ただ、新潟で使われる『バカ』という言葉は『ものすごく』という意味です。最近バカ忙しいとか、今日はバカ寒いとか、今年は雪がバカ多いとか・・・マル丸山は、芝居に対して、バカ◯◯なんです。



ちなみに、◯◯には、読んでくださったアナタが、自由に入れてください。熱いでも、渋いでも、泥くさいでも、古いでも、ウザいでも・・・なんなりと。その言葉は、もしかしたら、生き方にもハマるのかもしれないですね。



さてさて、いよいよ前半戦最後の地、北海道の札幌へと向かってます。改めまして、新潟のみなさん、ありがとう。



そして、北海道のみなさん、おジャマします。

| ヒトリゴト | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しばらく東京を離れるので・・・

掃除機かけたりトイレ掃除したり風呂掃除したり




全部終わって、ツメを切って、あ、ゴミをまとめとかないと・・・で、ゴミ袋に、いくつかのゴミ箱のゴミを移してたのですが、最後の最後に



ゴミ箱、ひっくり返す。



ツメを切って捨てたゴミ箱。ツメキリの裏のヤスリで、シャカシャカ整えたので、ツメの細かい粉も入ってたりしたゴミ箱なので、そこそこの惨事。



再度、掃除機を出してきて掃除して、ゴミまとめて、さぁ、前半戦ラスト2の地、新潟そして北海道へオジャマします。



あ、洗濯物取り込まないと・・・



出かける前というのは、とても慌ただしいものです。

| ヒトリゴト | 09:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナオトインティライミ知ってます?

キッカケは、よ~しゃべるなぁ~でした。




雨がやんで、グングンと気温が上がりつつ、清々しいカップル日和の日曜日、横浜線に乗ってたら、少し離れた場所にカップルがいらっしゃいまして、なんか違和感を感じてました。なんやろ?なんで違和感を感じてるんやろ?あ・・・



女の子しか喋ってないんや・・・



しかも、この車両で喋ってるのが、その女の子だけという・・・まぁ、空いてる車内ではありましたが、それにしても、キミしか喋ってないという状況は、違和感というより不思議な感じ。



女の子がひとり、大きな声で携帯で喋ってる感じ。



この車内、全員が聞こえてる会話。しかも、会話の内容から、カップルではなく、女の子が、先輩の男性に相談して・・・いや、相談じゃないな、これ。



決して答えを期待してない。先輩に喋るスキを与えない。会話になってないんですね。先輩は「へぇ〜」「そうなんだ」「なるほどね」の3つのワードでコト足りてるんです。



女「最初は、ナンパされたけど、どうでもよかったから、LINE交換したんですよぉ」
男「そうなんだ」
女「出会いはヤバイです。わたし、酔っ払ってトイレで寝てたんですよぉ」
男「へぇ〜」


中略・・・っていうか、なんかトイレでの、まぁまぁどうでもいい話が続き


女「酔い覚めてきて、よく見たら、顔、めっちゃブサイクなんですよぉ」
男「へぇ〜」


この時なんか、車内、ほぼ全員、同じタイミングで下を向いて苦笑。そういう意味では、聴視率80%を越えてる。


女「‪向こうは、いいなって思ってたらしいんですけど、私は、ちょっと・・・」
男「なるほどね」


ん?その「なるほど」は、え、どういう「なるほど」なん?あれ?この違和感は・・・それでも会話は続いて、いや、続いてるのは会話ではなく、女の子の喋り?


女「私は、LINEしたいわけじゃなくて付き合いたいんですよ。だからLINEはしないんですよ。」
男「なるほどね」


女「結局、無言で映画見てたんですよね」
男「なるほどね」


女「好きじゃないんです。好きになりたい願望なんです。」
男「なるほどね」


もぉね、ツッコミどころは満載なんですよ。他にも、なんか名言を残してくれてるんですけど、僕のメモ機能が追いつかないんです。ただ、この違和感は・・・あれ?もしかして・・・


女「すごい甘えてきて、これ無理だって思って」
男「なるほどね」
女「いや、無理なんです。絶対無理なんですよぉ」
男「なるほどね」


これは・・・先輩、だいぶ



めんどくさがってるやろ!!



ちょっと前から「なるほどね」しか使わなくなった先輩。「なるほどね」は、もはや合いの手になってる。



そんな時間が流れ、オレが降りる駅に到着した時、その女の子が、


女「ナオト・インティライミって知ってます?」
男「ん?知ってるよ」


はじめての会話成立!なんでや!!なんで、ここでその質問が出てくんねん!!!



めちゃくちゃ気になるやんけ!!



キミにとってのナオト・インティライミというアーティストが、どういう存在なのか知りたい・・・でも降りなければいけない・・・時間に余裕があれば、いや、なくても、多少のことなら乗り過ごしてたが、非常に残念なお別れだ。



もし、偶然にも同じ電車に乗ってた人が、このブログを読んでくれてたら、その先の話を教えてください。



それにしても、あの車両に乗ってた人、ほぼ全員を引きつける周波数の喋り、そして、電車を降りたくないと思わせる話題の切り替え・・・



キミ、小さいラジオ局のパーソナリティやったら?

| ヒトリゴト | 11:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富良野の皆さんお知らせです

お伝えしたい料理人。




石巻に行くと、必ず日和山にのぼります。そして鹿立浜で石森さんや、漁師の皆さんに会います。そして海の幸をいただきます。



町では、阿部紀代子さんの『八幡家』さんや、劉さん夫妻の中華『雲雀』に行きますが、もう一店『四季彩食いまむら』というお店があります。正確には、ありました。4月に石巻に行った時『いまむら』に行ってきたのは、5月いっぱいで長期休業をすることになったからです。



その時の事は、コチラにも書きましたが、お店を休業したのは、店主の今村さんが、それまでの5年間を大切に思いながら、次の5年、そして、これからのお店を考えたからだと思うのです。



今村さんは、休業明けに、また石巻で、新しい出発をするために、お店の改装期間中に、石巻の魅力を石巻の地ではなく、全国行く先々で伝えています。きっと伝えながら吸収もしてるのだろうと思います。



そんな今村さん夫妻が、6月24日、富良野に来ます。あ、正確には上富良野です。絶賛・オススメします。

fc2blog_20180616130757d8d.jpg



しかも『エンタビ』で、お世話になった多田農園さんのワインと野菜も食卓に並ぶと聞いてます。その日、富良野に居ないのが残念ですが・・・お時間ある人は、是非!!



今村夫妻に「福島カツシゲからの紹介で来ました!」と力強くお伝え下さい。もちろん、そう言ったからといって安くはなりませんが、僕の印象がよくなります。

| ヒトリゴト | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川合さんのデカさ。

身長というか器?





川合さんは『こたえてちょ~だい』という番組のMCをやってまして、僕は再現に出てまして



川合さんは、バレーボールの全日本代表で、僕は高校の時にバレー部で



川合さんは、全日本時代(なぜか)アイドル的存在で、10,000本のビデオ(当時はVHS)を出して即完したそうです。(当時はプロではなかったので、売り上げは川合さんの手元には入ってこなかったのですが)



僕はCOLORSというグループでDVDを10,000本出しまして、まだ残ってます。(売り上げは、もはや、どこに行ってるのか分からないというか、売り上げ自体ないのですが)



そんないろんな共通点・・・共通してるのは、うわずみのうす~い部分だけですが、番組が終了してから10年以上が経ちますが、ありがたい事に、よく食事に誘ってもらったりします。



先日も、川合さんとメシを食べてる時に、まぁ、とりあえずビールを頼みます。



で、グラスにビールがちょっと残ってて、ハイボールを頼んだ川合さんが、ハイボールが来て残ったビールのグラスを下げてもらったので、まぁ、なんとなく流れというか、聞きますね



オレ「ビール飲まないんですか?」


川合さん「ビール、あんま飲めないんだよ。」


オレ「そうなんすか」


川合さん「炭酸がダメなんだよ」




ハイボールを飲みながら言ってました。



炭酸がダメで、次に炭酸を飲む・・・たとえ食事の時でも、不得意を克服しようと取り組む姿勢というか、なんか・・・デカイ!



いやいやいや、そういう事じゃないな。

| ヒトリゴト | 14:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だいぶサボってました第1弾

書こうと思って書いてなかった初日の前・・・って、もういつやねん!





47都道府県のツアーを回り始めてアッという間に2ヶ月半が経ちまして、その間に、いろいろと書こうと思ったまま下書き保存で溜まりに溜まったブログの記事を、ヒッソリとアップしておこう作戦第1弾です。



ナオトのライブに関しては、これから10月末まで続くので、まだこれから楽しみにしてる人にも内容が分からないように、ブログを書こうと思うと、これが、なかなか難しいというのを、この2ヶ月で勉強しました。というのも、下書き保存してるのを遡ると・・・


甲府駅で降りたときに、2016年に北岳(日本で2番目に高い山)の山小屋で山小屋開きの手伝いをして帰ってきた時のことを鮮明に思い出した。そこから会場に入り、本日は山梨のコラニー文化ホールでのゲネプロ。と、ココまで書いて止まってる。



まぁ、そうですね。そりゃ、この後のこと書けないわ。で、この投稿は3月末に下書き保存してるので、いまさら感が否めないですが、たしか、この頃はまだ、桜が、8分咲きでした。



というのも・・・この日から、ナオトがインスタ始めまして。なんか・・・ちょっと表情硬いですね。



ナオト・インティライミのinstagram より。



この日から10月末まで47都道府県をグルッとまわるので、ナオト目線でのオモシロ発信が出来るツールとして、日々のアレコレを自撮りしたり、ナオトが突然「このアングルで撮って!」などワイワイ言いながら更新が続いてます。



そんな、ナオトのinstagramは・・・コチラ



僕が好きなヤツは、コレです。なんでそんなカッコつけてんねん・・・という画像



うどん、そんなにカッコつけて食べてるヤツ、いてないわ!

| ヒトリゴト | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米原駅でのアナウンス

ホームの端を歩くのは危険です。




その後に続いたアナウンスが



『特にお酒を飲んだ後などは、千鳥足となりますので、大変危険です。黄色い線の内側をお歩きください』



と。



関西圏に突入すると、いろいろと驚かされる。というより、いろいろと懐かしい気持ちを思い出す。



関西人は、なんか、ちょっと余計なことを足す。

| ヒトリゴト | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リメンバーミーを見てビックリした。

あの映画館だけかと思ったら、違った!!




フラッと映画を見る事があります。予定と予定の合間に、近くに映画館があったりしたら寄って、観たい映画がタイミング良くやってたら、映画観る事があります。



しかも昨日はシネコン(同一の施設に複数のスクリーンがある映画館の事)だったので、ひとつぐらい観たい映画やってるやろ!と思ってスケジュールをチェックしました。



実は、グレイテスト・ショーマンをまだ見てなくて、見たかったんですけど、すでに始まってだいぶ経ってたので、他の映画のスケジュールを見たら、ちょうどいいタイミングでリメンバーミーがやってました。



ただ、ちょっと長いんですよ。始まりの時間と終わりの時間見たら、140分なんですよ。



まぁ、予告とかいろいろあるにしても、アニメで2時間越えはキツイなぁと思いながらも、まぁ、観たかったので入りました。



予告が始まって、さぁ、本編というタイミングで、スッと普通に始まったのが・・・



アナと雪の女王のスピンオフみたいなのなんです。



ん?え、これは、まだ予告?って不安な気持ちがドンドン増していきながらも観てたんですけど、どう考えても予告じゃないんです。



もしかして、リメンバーミーの虚をついた始まり方なのか?主人公がアナ雪を見てるという設定から始まるのか?



って思いながら観てたんですけど、リメンバーミーが全然始まらないんですよ。もぉ、不安は最高潮に達して最悪のパターンが頭をよぎりました。



シネコンやったから・・・入った映画館、間違えたんかぁ!!



どうする?どうする?今さらリメンバーミーの方にいっても、途中からで楽しめるか?このまま、アナ雪見るか?もしかしたら、意外に面白かったりするんか?



そもそも、元々のアナ雪観てないから、これが面白くなる可能性ってあるか?



いろんなことが頭をよぎりながら時間だけが経っていくんです。で、一番問題なのは、目の前で話が進んでる物語が



全く、入ってこないのです。



これは、途中からでもリメンバーミーを観に行こう!と意を決して途中で出たんですよ。で、リメンバーミーの映画館は・・・ここやん!!



入った場所正しいんです。間違ってないんです。え、え、え?映画館が、上映する映画間違えてんの?って、なんかパニックですよ。



もう一度、とりあえず戻ったら・・・まだアナ雪やってるんですよ。もぉ、なんかチカラ抜けて、映画館に間違えてること教えてやろうと思ったら、映画終わりましてね・・・はぁ?



そして、リメンバーミーが、シレッと始まりました。終わってから知ったんですけど・・・



同時上映なんですってね・・・



あの『アナと雪の女王』から4年──その待望の最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』が、『リメンバー・ミー』の同時上映作品として劇場公開。(上映時間:22分)



なんやねん、それ!!え、それ、必要?



あ、リメンバーミーのお話は、僕は好きでした。吹き替えで見たんですけど(アニメは吹き替えと決めてるので)、とにかく、主人公ミゲル役の声優、石橋陽彩くんが、めちゃくちゃ歌うまかったなぁ。



にしても・・・リメンバーミーの上映時間を118分にしてくれよ!!

| ヒトリゴト | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT