fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終業式間近

給食は児童たちの日常です。



現在、炊き出し支援は、学校給食という形でも行っていますが、終業式が来ると支援も一旦終了します。4月の始業式以降再開するかどうかは、まだ未定です。もちろん再開出来る準備はしています。

いろいろな情報が出てる中で、例えば水道が復旧すると、給水車などの支援も終了の報告が届きます。珠洲市での3月17日現在の水道復旧エリアは、まだまだ一部地域で、全面復旧には程遠い状況です。また、復旧してる地域でも、給水管の引込場所によっては復旧していないお宅があります。

そんな中でも支援が終わっていきます。終わっていくというより、打ち切られる(統合される)という方が正しいのかもしれません。打ち切られるということは、困ってる人が減ったという事でもあります。ただ一方で、まだ困ってる人は、より不便になり更に困っていきます。

水道が復旧していくこと、仮設住宅への引っ越しが始まること、お店が再開すること、それは喜ぶべきことであるのですが、取り残されていく人が、更に置いていかれるという状況も生まれます。そんな状況を拾い上げていくのも支援団体の活動の一つであると考えています。

それでも、2019年の台風被害の時に千葉の鋸南町で見てきた事、聞いてきた事が、ここ能登半島でも繰り返されてしまうのだろうと思います。情報が届かない人や声を上げられない人が必ずいます。

誰ひとり取り残さない。被災地では、取り残されていく不安や恐怖と、常に隣り合わせています。

本日は、昨日の夜降った雪が積もっていて、今朝も降ったり止んだりしています。

2024032102.jpg

まだまだ北陸では寒い冬が訪れています。


本日も、温かい食事がみなさんに届けられるように、準備しましょう。

| ヒトリゴト | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/5418-26ae21c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT