fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メカブ削ぎ

3月15日、絶好のメカブ日和でした。



漁師の朝は早いのです。ワカメ漁の船は、太陽が昇ってくる前に出港します・・・が、今回は、昨日の夜に「明日は、風さ強ぇから、しげさんは浜でメカブさやってればいいがら」ということで、だいぶ遅めの出勤です。

202403154.jpg

僕が浜に出た頃は、もう明るくなってました。

すでにワカメのメカブを刈り取る船は戻ってきて、本日2度目の出港をしてました。(2回目は葉っぱを刈り取りに行きます)なので、僕が浜に出た時は、すでに刈り取られたメカブが浜のカゴに山積みになってました。

202403157.jpg

202403158.jpg

もう、この時点で美味しそうなんですよ。

今日の鹿立浜(すだちはま)では、5世帯の猟師さんたちが、浜に並んでメカブ削ぎをやってます。それぞれの活動時間になったら、ポツポツ集まってきて、作業をやり始めます。

昔は、もっと寒い中でやってた記憶なのに、今年は、とてつもなく暖かいです。

2024031510.jpg

天気がいいので気持ちいいんですけどね。

メカブ削ぎが始まると、なかなか写真も撮れずに作業が進んで、気づいたら

2024031512.jpg

ほぼ終わってました。

削いだメカブは、この後トラックに載せられて市場へ行き、その後みなさんの食卓に・・・届くかなぁ、鹿立浜のメカブ。

2024031513.jpg

いやぁ、食べさせたいなぁ、削ぎたてのメカブとワカメの葉っぱ。


久しぶりの石巻でのメカブ削ぎ、ブログを遡ってみると、メカブ削ぎのお手伝いは、たぶん2019年のゴールデンウイーク明けにお手伝いしたのが最後だったので、だいぶやりかたが変わってました。

メカブを削ぐやり方は変わってないのだけど、なんというか、いかに作業しやすい態勢を整えるかというのが変わってました。ちょっと遡ってみると・・・

2015年の時は、携帯水没事件が勃発してしまいました。

2015wakamefuukei.jpeg

ちょっと奥に見えてるのが2015年のメカブ削ぎの様子です。


2016年は、熊本で地震が起きた時に石巻にいました。(2016年4月19日のブログ



2016年の浜での作業風景


2017年は、雨が降っててテントを出しての作業でした。(2017年4月3日のブログ



2017年の浜での作業風景


2018年は、午前8時過ぎにはメカブ削ぎは終わってたようです。(2018年4月18日のブログ



2018年の浜での作業風景


2019年は、こうして年ごとに並べてみると、作業の量がすごい増えたような感じがします。(2019年4月27日のブログ

2019wakamefuukei.jpeg

2019年の浜での作業風景

2019年までの浜での風景は、そんなに変わってないのですが、コロナ禍以来の久しぶりのメカブ削ぎでは、台の上にメカブが乗せられて、置き場が進化してました。

20240315001.jpg

20240315002.jpg

2024年メカブ作業システム最新型。

そして、漁師の朝は早いので、昼前には終わってます。今日は10時前には終わってました。

2024031519.jpg

2024031517.jpg

とても穏やかな、ゆったりとした時間が流れていました。


そして、まだまだ時間はかかると思うのだけど、能登半島にも、こんな時間が早く来てほしいと改めて思います。

| ヒトリゴト | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/5410-a6b856a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT