fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京に(一旦)戻ってきました

また次に向かう前に、色々と気づいたことを書いておきます。



17日の土曜日に、朝活として写真家の省一くんと能登半島の最先端『禄剛崎灯台』に行ってきました。禄剛崎灯台は、狼煙町(のろしまち)という場所にあります。江戸時代、難破を防ぐために狼煙をあげていたと伝えられていることから狼煙町という地名が残ったそうです。狼煙町にある道の駅『狼煙』

20240217101.jpg

地名が狼煙ってすごくないですか?

ここから

20240217202.jpg

365メートル

2024021747.jpg

1日1メートル上ると1年で到着です。

そして、まだ日の出前の禄剛崎灯台です。

202402174.jpg

能登半島の最先端。

位置関係としては・・・直線距離で、東京まで302キロ、釜山まで783キロ、上海まで1598キロです。

20240217603.jpg

ちょっと分かりにくいですか?

朝陽って、昇ってくるまでは長く感じるんですが、昇り始めたら一瞬で顔を出してきます。

202402171706.jpg

日が昇ってくるのを待つ写真家・鈴木省一くん

そして、昇ってきました。

202402172508.jpg

iPhone Xの限界は、こんな感じです。

202402172709.jpg


写真家の限界は・・・?

202402173110.jpg

この時に省一くんが撮った写真が、コチラです。(画像をクリックすると大きくなります)

LINE_ALBUM_20240217_すずのあさ_240217_7

撮影:鈴木省一


そして、オマケです。朝陽が昇ってくるとテンション上がってはしゃぐ57歳です。

LINE_ALBUM_20240217_すずのあさ_240217_9

撮影:鈴木省一


禄剛崎灯台の歴史が書かれた石碑もありました。

202402173715.jpg

ん?ちょっと違和感ありません?

そうです、たぶん、間違えたんでしょうね。

202402173816.jpg

なんて書いててんやろ?気になるなぁ・・・



禄剛崎に向かう時、まだ暗い時間でしたが、戻る時にはけっこう明るくなっていて、狼煙町から珠洲に向かう寺家(じけ)という町の浜は、いたる場所で隆起していました。漁師を生業としていた人たちも、今後のことを考えられる状態ではないと言います。

202402175913.jpg

本来テトラポットのところは、海面です。

砂浜だと重機も入っていけないので、打ち上げられた船はそのままになっていました。

202402176314.jpg


隆起した岩場にも船が打ち上がっていました。

202402170001.jpg

撮影:鈴木省一

2011年の石巻で最初に見た風景と被りました。また国は、ここに海の見えない防潮堤を作ろうとするのでしょうか?

もう、ここには住めないのかなと考えてしまいます。

| 防活・減活のススメ | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/5396-273fa87f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT