fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝手に防災ことわざ30選 ⑰

避難参観というのがあってもいいんじゃない?



先日『防災クエスト』をお手伝いした時に、子どもが通ってる学校の避難行動を知っておくというのは大事なことじゃないかなと思いました。子どもが学校にいる時に災害が起きた場合、学校がどういう避難をするのかを知っておいた方がいいなと思います。

学校の近くに海があるのか、川があるのか、裏に山があるのか、噴火警戒レベルが上がった活火山があるのか?

地震があった場合、まず子どもたちはどういう行動を取って避難をするのか?

線状降水帯が発生して裏の山に土砂崩れの前兆現象があったらどういう避難行動を取るのか?

様々な災害を学校と一緒に想定して、子どもたちがやる避難訓練を一緒に体験しておくことで、自分(保護者)が取るべき行動も見えてくるのではないかと思うので『避難参観日』があるといいなと思います。

まずは自分の命を守る。とはいえ子どもの事が心配になるだろうし、ましてや高校生、中学生、小学生、幼稚園と兄弟姉妹が別々の場所にいたら気が気じゃないだろうと思うのです。

心配事が少しでも解消される事が、落ち着いた次の行動に繋がるんじゃないかと思うのです。


そんなワケで、本日の防災ことわざは『見ざる言わざる聞かざる(見猿言わ猿聞か猿)』の三猿からいただきましょう。

26351224_s.jpg

日光東照宮の三猿。

このことわざ「他人の欠点やあやまちなど、悪しきことは見ようとせず、聞こうとせず、言おうとしないのがよい。悪しきことを遠ざけなさい」というのが本来の意味なのですが、現代のニュアンスでは「自己保身のために見て見ぬふりをする」という時にも使われます。

防災に関しては、見て見ぬふりはダメですね。どこに危険があり、どういう行動を取るべきなのかを目をそらさずに凝視して欲しいです。ということで、見て見ぬふりは猿ですが、いや、猿が悪いんじゃないけど・・・

めちゃくちゃ見るのは象です。

見るぞぅ言うぞぅ聞いてるぞぅ(見る象言う象聞いてる象)

三象

三象

防災に関しては、見る、言う、聞くが大事だと思います。



コチラは、伊勢神宮のおかげ横丁にある三猿。ん?これはパロディなのか?

25882654_l.jpg

見てるし、聞いてるし、たぶん喋ってる。


| 防活・減活のススメ | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/5101-de5f3b34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT