FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

濡れた写真、アルバムの救出

早ければ早いほどいい!!





Twitterにも書きましたが、140文字では、なかなか書ききれないので、もう少し詳しく。



友人で写真家の鈴木省一くんは、西日本豪雨の時に【写真救済プロジェクト】を行っていました。

72323437_2603307083087319_8202615824226189312_n.jpg

写真は、クリックすれば大きくなります




そんな省一くんからのアドバイスが、彼のFacebookに投稿されていたので、その内容を、コチラにも書いておきます。本人には無断ですが、断ったら「なんで今頃なんですか!もっと早く載せなさい!」って怒られそうなので、黙って載せます。(以下、省一くんより)



これから水が引いた地域からそういった声がたくさん出てくると思います。濡れてしまった写真は、とにかく早く乾燥させることが大事です。長期間濡れたままの状態にしておくと腐敗し画像が溶け出してしまします。


綺麗な水で洗ってから乾燥させるのがベストですが、余裕がなければ汚れたままでもまずは乾燥させてください。作業できる時間が作れるようになってから洗ってもさほど大きなダメージを受けることはありません。


とはいえ写真の状態(水に浸かり具合や写真自体の経年劣化など)によって対応が変わってきます。


ちょっとわからなくて不安という方はご連絡ください。できる限り時間を作って直接アドバイスしに伺います。近場であれば・・・どこまでが近場だ? 頑張ります。



と書かれていました。省一くんの近場というのが、どこまでを指すのかは分かりませんが・・・



被災された方々の家の中には、大切なものがアチコチに収納されています。これまでのボランティア活動でも、写真やアルバムが出てきた時の、みなさんの喜びが特別であるのを経験しています。その分、濡れていた時はガッカリするし、その時の勢いで諦めてしまう方もいます。



大事なことは『あきらめない』という事だと思うのです。今は、とにかく片付けで精一杯だと思うのですが、時間が経つと、思い出に支えられる事がたくさんあると思うのです。まずは、濡れた写真を乾かす事が大切だそうです。



ご自身は当然ですが、身内や友人知人に被災された方がいらっしゃいましたら、どうぞお伝え下さい。

| ヒトリゴト | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4442-41c33f75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT