FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ばんこばん。

『ばんこ』の番です。




石巻での年始。今年も会いたい人に会いに行けたり、残念ながら会えなかったりもありましたが、ほんの少しだけお手伝い。



このタンクの中に超絶美味しい牡蠣が眠ってます。



タンクに沈められ、穏やかに過ごしていた牡蠣は、水中で呼吸をしながら、カラダの中にちょっと入ってる砂を吐き出したりしながら1日を過ごします。

201901063-2.jpg




で、朝7時になると叩き起こされた牡蠣は、牡蠣剝き場の台に乗せられて、丸裸にされます。そのボディーラインは



あ、間違えた・・・



牡蠣のボディーラインは

201901064.jpg

あ、これまた違った・・・



とにかく、美しい曲線のボディーラインです。

0000026125_39115920160106_154918_ORG.jpg




鹿立浜の石森さんちで、牡蠣剥きのお手伝いは2016年の1月以来で、3年ぶりなのですが・・・今年は、隼人くんがお嫁さんを迎えて最初の年始ということもあり



僕が入るスキがありませんでした。



そんなワケで、牡蠣剥きの仕事で最も大切な仕事と言われてる、いや、勝手に僕が思ってる『ばんこ』に徹する事にした。



ちなみに、この『ばんこ』という仕事は、2016年にもやっているのですが、読み返すと、なかなかオモシロイので、よかったら・・・コチラの【漁師の役作り9日目】をどうぞ



そんな『ばんこ番』を終えて、まぁ、とにかくテーブルに並ぶ石巻産というか鹿立浜産の食材のオンパレード。ありがたいことに、鹿立浜のみなさんからの差し入れもあり、テーブルに乗り切らないほどの夕食に。



3日間の滞在で、お手伝いできる事も、会える人も、回れる場所も限られていて、今の石巻の風景を見て、僕が何を伝えられるのかは分からないのですが、この町で生活している人たちから話を聞かせてもらいました。



変わっていく風景と同じ流れで生活をしてる人もいれば、その流れについていけずにいる人もいます。



今日は月命日。2011年3月11日から7年10ヶ月。



同じように足並み揃えて『復興』するという事は無理だとは分かっています。震災後、初めて石巻の風景を見た時と、半年間石巻で活動してた時に想像した3年後、5年後、10年後は、まるっきり違っていました。



初めて日和山からの風景を見た時は、次の日を想像する事も出来ませんでした。その頃、もしかしたら次の日の想像を少しだけ出来たかもしれない日のブログです・・・人のチカラ



浜でのお手伝いをしてる時とは違って、牡鹿半島や雄勝の海が囲まれた防潮堤を見ると、今の僕には、あの頃より想像が出来なくなっていました。



もうすぐ8年になります。

| ヒトリゴト | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4344-8f13e296

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT