FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

だいぶサボってました第2弾

書こうと思って書いてなかった香川と愛媛・・・さぬきと伊予。(4月18,19,20日頃)





香川県にも何度か行ってますが、愛媛県では、2014年5月31日、6月1日に内子町にある、それはそれは素敵な劇場、内子座で【イシノマキにいた時間】という舞台もやらせてもらってるし、更に前の2000年には【話し相手Japan Tour 2000】で、広島までたどり着いた時に「あ、四国も行っとこ」と急にフェリーで渡ったりして、更に昔だと、3歳ぐらいの時に



見知らぬ人に育てられてたりしてた。



まぁ、これは、いつか自叙伝でも出す時に改めてオモシロオカシク書くことにしよう。



愛媛県松山市の松山市民会館でライブがあったのですが、新松山駅前に情報センターというのがありまして、そこに富良野塾出身で友人のケイシくんがおりまして、まぁ、彼がなぜ松山で暮らしてるかは、いつか彼が自叙伝でも出す時に、オモシロオカシク書くと思うので、ここでは控えておこうと思います。



情報センターで働いてるだけあって、松山のアレコレを聞かせてもらったり、松山といえば『鯛めし』ということで、ごちそうしてもらったり、いや、ごちそうしたんだ・・・まぁ、ごちそうしてくれるみたいな雰囲気だったんですが、そこは僕の方が人生の先輩ですから、ごちそうしますね。



そんなワケで、楽しい時間を過ごしました。



あの時、ケイシくんに会いに行ったのは、ずいぶん前に役者を辞めて松山に移住したという知らせを、風の便りで聞いたというのがあったからかな。いや、まぁ、辞めたという便りだけだったら会いには行ってなかっただろうなと思う。



風の便りというのは、いろんな余計なものが付いたりするので、富良野塾を卒熟してから、長く富良野に住んで(札幌とかにも住んでたと思うが)役者をやってたケイシくんが、3年ほど前(?)に、結婚を機に役者を辞めたとか、役者を辞めるのを機に結婚したとか、よく知らないまま、とにかく役者を辞めて愛媛に住んでるという噂だけ耳にしてた。



ナオトが『ひとりっきりで弾き語りツアー』で全国を回るというタイミングで、ケイシくんのFacebookに、突然、彼が作・演出・出演する一人芝居がアップされまして、そこには風の噂には流れてこなかったケイシくんがおりまして、たぶん、それを見てなかったら会いに行かなかったかもしれない。



人それぞれ『何かを機に』始めること、辞めること、続けること、いろいろとあるとは思うのですが、風の噂というやつには、いろいろと付いてくると同時に、風に乗って漂うことが出来るだけの軽さでしか流れてこない気もします。



それは、受け取る側も、自分に向かって風が吹いてきた時しか流れてきた噂を掴むことをしないですからね。



松山にお立ち寄りの際は、新松山駅前の情報センターに行けば、笑顔が爽やかに見えるケイシくんという男が、松山のアレコレを時に丁寧に、時にテキトーに教えてくれます。



| 47都道府県ツアー | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4253-41203417

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT