FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴミ問題。

地球環境的な課題であります。




が、その、ちょっと手前での問題も小さいながら起きています。あなたの町のゴミ袋は有料ですか?



火曜日と金曜日は、燃えるゴミの日で、その日は、オカンと妹が、ゴミをゴミ袋に詰める。



ゴミ袋は、有料で、いろいろサイズがある。5リットル、10リットル、20リットル、45リットル、そして、一番デカイのが70リットルです。



妹が一番よく使うサイズが、20リットル。オカンは、10リットルなのだが、どちらも常に微妙に足りない。



足りないのだが、詰め込む。



ゴミ出しのルールとしては、ゴミ袋の持ち手を縛って閉じてないといけない。だから、親の仇のように押し込んで詰め込む。



それでも、どうしても口が閉じ切らない時、妹は、ゴミ袋の持ち手のとこにヒモを渡して『持ち手延長の術』を使って無理やり閉じる。



それでも、大抵、それこそ、大谷が3戦連発したぐらい、ここのとこ3戦連続で、詰め込みすぎて、袋が破れたりする。



そうなると、ガムテープで、そこを閉じてる。その労力があるなら、むしろ5リットルのゴミ袋を追加すればいいのにと、オトコども(いや、オレ)は、簡単に考える。



しかし、ゴミ袋は有料なのだ。



世の中のお母さんたちは、少しでも節約を考える。エライなぁと思いながら、毎回、ゴミステーションまで、オカンのと妹が詰め込んだゴミ袋を持っていく。



そんなゴミステーションには、時々、いや、ほぼ毎回の確率で、持ち手をシッカリ縛っても、中身スカスカな45リットルのゴミ袋が捨てられている。



たぶん、この家庭は、45リットルのゴミ袋しか買った事がないんだと思う。ものすごく余裕のあるゴミ袋のとなりに、いっぱいいっぱいの仕事をさせられたゴミ袋を2つ並べて置く。



安倍さんも、麻生さんも、こんなに切り詰めて頑張ってる世の女性たちの気持ちなんかわからないんだろうなぁ。



ゴミ袋を見ても、格差社会が浮き彫りになっているのだよ。まぁ、あなたたち、ゴミに翻弄されてるけどね。



ゴミ問題だけじゃなく、大切なのはルールを守ろうとする気持ちなんじゃないかなぁと思うのです。

| ヒトリゴト | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4246-3849149c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT