FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少しづつ報告①

船内での、さまざまな企画。




ピースボートでは、ショートクルーズに限らず、地球一周をするクルーズでも、様々な【船内企画】があります。



船内企画とは、船旅を楽しむ船内での過ごし方として、乗船者のみなさんが、主催者となって、自由に企画を立てられて、それを船内新聞で告知できるのです。

sennaisinbun02.jpg



趣味、特技を活かしたモノとして、コーラスやヨガ、太極拳参加者の探究心をくすぐるものなどなど、様々あります。例えば、あなたの知らないディープな世界として、宝塚ファンが『宝塚歌劇団』について独自の目線で熱く語ったりします。


他にも、インスタグラマーによるインスタ映えする写真の撮影講座とか、あとは・・・趣味なのか本職なのか、ちょっとよく分からないんですが

fc2blog_2018010520060898c.jpg

『苔は死なないんです』と言い張る企画



などなど、様々な企画が、船内のアチコチで催されてました。



もちろん、水先案内人といわれてる僕たちの企画も行われます。今回、僕たちは【イシノマキにいた時間】の舞台の他に、船内での企画として、3回に渡って【キッカケの場所】を行いました。

26552978_1537884762986319_1745343197_n.jpg




田口くんの腹が、食べ過ぎでシャツから出てるように見えますが

26552978_1537884762986319_1745343197_n (1)

プロジェクターの明かりのイタズラです



そんな自分たちの企画とは別に、紹介したいと思ったのが、上島安裕くんが、船内企画で行っていた災害救援のシリーズ企画です。講座は、4回に分けて行われました。


① 災害に遭う確率98%

② 災害時に備えて知っておきたいお金のこと

③ 表現者のチカラ(この企画には、僕も関わらせてもらいました)

④ あなたは家族を守れますか?


中身について、ひとつづつ書いていくと、とんでもない量になるので書きませんが、いや、ホント、これは、是非、多くの人に聞いてもらいたかった内容でした。あの時、何があったかの記録を踏まえて、この先、どうするべきかという『備え』の話です。



ちなみに、上島くんは、東日本大震災の発災直後から、石巻に入って、ボランティアの受け入れと、その活動のまとめ役をやっていた人です。僕が石巻で活動してた時も、いつも

yasuhiroueshima.jpg

先頭に立っていました。(画像では軽トラの荷台に立ってますが)



この画像では、ボランティアが活動に入る前に、注意事項を伝えてる時で、彼が必ず言うのが『被災した人と同じ気持ちにはなれませんが、その時の気持ちを想像して動いてください。』でした。


この言葉は、そのまま、舞台【イシノマキにいた時間】でもセリフとして使わせてもらっています。


そしてもうひとつ、舞台に出てくるセリフ『出来るか出来ないかではなく、やるかやらないかです』を言った人です。



ゴールデンウィーク前に、東京のピースボート災害ボランティアセンターの説明会には600人以上の人たちが集まりました。みなさん石巻にボランティア活動に向かおうとしていましたが、いくらたくさんのボランティアが被災地に行っても、現地で受け入れる態勢が整っていなければ、その気持ちが無駄になるどころか、迷惑になってしまう事もあります。



そして、東京から「600人以上の人たちを受け入れられるか?」という電話連絡が来た時に、上島くんの答えは、出来るでも出来ないでもなく「やります。」でした。



船内で行われた全4回の災害救援講座は、上島くんの確信と覚悟の詰まった内容でした。まぁ、クルーズ中に宮古島では、一緒に行動してまして、決して講座の時には見せない

26733746_1139831416146876_2967955578281139206_n.jpg

楽しそうな顔で過ごしてました。



ニューイヤークルーズから戻って、ある記事を読みました。



全国高校サッカー選手権大会で準優勝した流通経済大柏の本田監督が、連戦になってる大会日程に対して「そろそろこの大会を検証して、これが育成につながるのかどうか。18歳以下の育成をどうするのかを考えなければいけない」と問題提起したというニュースです。


年代別の国際大会で優勝したイングランド代表を例に「イングランドが優勝できたのは、いい選手を見つける方法を見つけたこと。そして、指導者の研修を増やしたこと。Jリーグは今年で25年。検証していく時期じゃないかと思います。」と。


大会に対しても「運営優先ではなく、選手最優先で考えてほしい。人間の体は24時間経たないと回復しない。皆さんご存知なのに、連戦連戦になっている。そういうのは私たちの時代で終わりにしないといけない。96回の歴史で何を学んだか、何が進化したのかを検証しないといけない」とコメントされたそうです。



このニュースが、直接、災害救援と繋がるわけではないのですが、なんだか上島くんが行っていた講座を思い出しました。あの災害を経験した僕たちは、何を学び、何を検証しなければいけないのか?



僕たちが舞台で伝えている事とは違うようで、その先にあるものは同じような気がしました。

| ヒトリゴト | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4189-e204ccaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT