福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

舞台【父親参観日】

脚本・演出やります。




8月の本番ですが、稽古は、既に始まっています。

blueprint001.jpg



最初の稽古は、1月でした。1月から稽古を何度かやってます。ただ・・・まだ脚本はありません。でも、稽古してます。



はぁ?どういうこと??



今回、ちょっと新しい試みをしています。その試みは、映画 『秘密と嘘』 を観た時に、この創り方を舞台で出来たらすごいなぁ・・・と思ったことからスタートしました。


映画『秘密と嘘』(Secrets & Lies)は1996年の映画。マイク・リーによる脚本・監督作品。舞台出身のマイクー・リー監督らしく、脚本は一切使用せず、現場で役者とともに即興的に作り上げられていった世界観は極限のリアリティーを生んだ。(Wikipediaより)


あ、もちろん、今回の舞台で、お客さんにエチュード(即興劇)を観てもらうつもりはありません。



1月、脚本がないところからスタートしました。2月の時点で、舞台のタイトルは【バックアップダンサーズ(仮)】でした。3月には、急転直下【父親参観日】となりました。もしかしたら、また、タイトル変わるかもしれません。



なので、コチラのHP 『Blue Print』 を、たまにチェックしてみてください。



Blue Printのメンバーは・・・もちろん、ご存じの方も多いと思うのですが、おそろしく身体のキレる人たちです。身体能力ハンパない人たちで、もしかしたら下ネタ能力もハンパないかもしれませんが、そこは、まだ未確認です。



さて、Blue PrintのHPにも書いてるように『今作は、稽古を定期的に開催しながら脚本を執筆していく新しいスタイルで作品創作中。つまり・・・稽古でのメンバーの頑張り次第で出番の増減が!?そんな状況と福島氏のインスピレーション(ご機嫌?)を、SNSでその都度みなさまにご報告します!』なのです。



さらに・・・脚本状況でチラシも変化していきます。もしかしたら、突然「オレも出る!!」って言い出すかもしれません。


そんな時のために、一応ですが、こんなパターンも撮影しておきました。



僕だけ普段着ですが・・・



今後、稽古風景なども、HPやブログに載せていこうと思っています。



今回の舞台で、最も重視したいのは、稽古を重ねていく上で、脚本に書いてある『セリフ』ではなく、その人から出てくる『言葉』になり、その組み合わせが『会話』になるようにしたいと思っています。



4月末、現在は、全シーンのシチュエーションが出来上がりました。セリフは、まだ、会話になっていません。



ご期待下さい!

| 熱闘前 | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4033-2784f0bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT