福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

踏み切りJAPAN

絶対に渡らないといけない踏み切りが目の前にある。




本題に入る前に、2日ほど前、同じ踏み切りでの出来事。よく通る踏み切りを渡ろうとした時でした。ここの踏み切りは、時間帯によっては開かずの踏み切りになるので、開いた時には、そこそこの人数が渡るのです。



ということは、そこそこの人数が、踏み切りが開くのを待ってる時というのは、そこそこの時間を待ってるので、そこそこイライラしてるように見えます。



なので、踏み切りが開いて渡る時は、みなさんそこそこ急ぎ足で渡ってるのですが、この日は、僕の後ろから『店長!』って呼ぶ声がしまして、その瞬間に、少なくとも7人は振り返りました。もちろん、正解の店長は1人だけなのですが



そこそこ店長の多い町だなぁ・・・と思いました。



そんな踏み切りでの本日の出来事。


たまに町で見かけませんか?ものすごいゆっくり歩いてるオジイチャン。いや、ゆっくり歩いてるんじゃないんです。むしろリズムは小刻みで早いんですが、歩幅が、あまりにも狭いというか、踏み出す一歩の幅が、ものすごい短いオジイチャン。


そんなオジイチャンが、踏み切りが開くのを待ってました。


というのも、このオジイチャン、以前にも見かけたことがあって、ハラハラしながら見守っていたことがあったんですが、この日は、けっこう開かない踏み切りだったので、イライラしてる人たちが、前へ前へと移動していき、オジイチャンの前を人の壁ができてました。



で、踏み切りが開いたのですが、オジイチャンのスタートが出遅れました。いや、これはマズイぞ・・・絶対に渡りきれないぞ!と思いながら見てまして、自分が渡り切ってからも、ちょっと心配だったので見てたのですが、その時に踏切が閉まる音がしまして、やっぱり!と思って、急いでオジイチャンの元に走っていったんです。そしたら



僕以外に5人が走ってきまして、なんていうんでしょうか、ちょっと心が熱くなりまして



なぜか、テレ朝のサッカー日本代表の試合を放送する時に流れる『A Question of Honour』が僕の中で流れました。



で、まぁ、その5人で、なんかお互いに、ダチョウ倶楽部さんみたいに『どーぞどーぞ』状態で、オジイチャンを運ぶのを譲り合いまして、その間も、オジイチャンは下を向いて小刻みな一歩一歩で踏み切りを渡ってるのですが「カンカンカンカン」鳴ってるので、5人とも『いやいやいや』ってなりまして、なんとなくオジイチャンの脇を抱えて早歩きしてる人と、踏み切りを手で持って上にしてくれてる人と役割分担になりまして無事にオジイチャンが渡りきれました。



で、あの時の人たち、僕の中では【踏み切りJAPAN】と呼んでます。

| ヒトリゴト | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/4015-c8f2063f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT