福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウキョウから山口。

飛行機は揺れました。





ここ何年間かは、飛行機での移動が多く、ようやく気づきました。『揺れない飛行機なんてない』という事と、僕は揺れには慣れないという結論に達しました。


しかも雨が降ってたら100%揺れます。






で、雲より上に出て、安定してからも油断ならんという事にも気づきました。




着陸は、降りてるんじゃなく、スピードを緩めながら落ちてるんです。



さて、相当揺れた後、無事に・・・まぁ、何をもって無事というかは別として、山口宇部空港に着陸しました。


そのまま、山口県総合保健会館に向かいました。





第39回中国曹洞宗青年会山口大会ですから、舞台上は、こんな感じでセットされています。





今回は【イシノマキにいた時間】の上映会の後、省一くんの『いしのまきのあさ』の写真を見てもらいながら、『今の石巻』を伝える時間を作っていただきました。








リハーサルを終えて、明日に備えます。



ただ、どんなに備えても、イレギュラーな事は入ってきます。今回は急遽、テレビ山口の取材が入りました。そういったイレギュラーな事が入ってきたら、省一くんは、とたんにハワハワします。目線が・・・




カメラでも、記者の人にも向けられていません。




省一くんの取材の前に僕のインタビュー中、省一くん、すでに虚ろな目です。



心ここにあらず。というより、心どこにもあらず。です。



直前の取材を無事に終えて、上映会の後、省一くんと、あの頃の石巻と、ほんの少しですが、今の熊本、南富良野にいて、いま感じている事を伝えてきました。










そういえば、初めて客席で、このお芝居を見ました。2015年に紀伊國屋ホールでの公演を収録したものです。



最後のセリフに震災から4年が経ちました。とあります。それから1年半が過ぎています。



上映会の事は、また活動報告にも書こうと思います。

| ヒトリゴト | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3852-72946c04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT