福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋刀魚、故郷に凱旋

3日前、石巻市雄勝町から届きました。



雄勝の洸洋(こうよう)さんとこの上山さんと、えりこちゃんから大量の秋刀魚が箱で送られて来ました。


ちなみに洸洋さんは、石巻市雄勝町の店こ屋街にある料亭、割烹・・・とにかくうまいものを食べさせてくれるお店です。

13770508_972757296202760_5670233052361350253_n.jpg



13466450_953587494786407_8477336080243230527_n.jpg

お店には、硯上山からの雄勝の風景(撮影:鈴木省一)が飾られています。



さて、箱に入った大漁(大量)の秋刀魚を写真に撮り忘れた事が、とても悔やまれます。それはそれは、



コレ、食べきれるのか!!


と感じた量だったのですが、上山さんとえりこちゃんからのメッセージには『南富良野で活動されているみなさんと食べてください。くれぐれも独り占めしないように!』とありました。



お見通しや!



そんなわけで、これまで一緒に南富良野へ行ってくれた人に持って帰ってもらったり、持っていったり、出張中で残念ながら持っていけなかったり、あと



持っていくの忘れてたり・・・



それでも、大量の秋刀魚が冷蔵庫にいるので、しばらくは秋刀魚尽くし、秋刀魚三昧の日々を送りました。


今年の1月は、石巻の鹿立浜で漁師をしてたので『腕前、見せたろ!!』と意気込みまして、秋刀魚を捌きました。




雄勝石の皿に、太田工場長の盛り付け。


もうひとつ、ハラスの部分と捌いた皮と、クレイジーソルト、豆板醤、などでたたきに。




この2品で力尽きる。



薬味は、居候2号が完璧に揃えてくれました。





もちろん、塩焼きにするでしょ!!









その他にも、3日間で、秋刀魚に次ぐ秋刀魚料理。





秋刀魚の塩焼きナメの刺し身の日




秋刀魚の刺身とフライの日





3日間連続の秋刀魚。いやぁ、全く飽きない。飽きないどころか、三枚に下ろす事も含めて、秋刀魚の奥深さを感じながら、本日は秋刀魚の蒲焼を作ろうと思っています。



南富良野に行くようになって、吉俣さんからは黒豚を送ってもらい、そして、石巻市雄勝町からは、今こそ旬の秋刀魚を送ってもら・・・え?



オホーツクで獲れた秋刀魚?


水揚げが、仙台?


それを北海道に送ってくれた・・・なるほどなるほど。それは、もぉ


凱旋パレードやん!



とにもかくにも、みなさんからの嬉しい嬉しい後方支援に感謝です。



次は、何かなぁ~?



| ヒトリゴト | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3840-0b5d3a91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT