福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

援農いかがですか?

イモを拾いまくるのです。




カレー、コロッケ、肉じゃが、ジャガバター、あとは、味噌汁にも使いますね、ジャガイモ。和食、洋食を問わず、そして中華にも・・・使いますか、ジャガイモ。うん、きっと使いますね。


そして、何と言ってもポテトサラダ、ポテトフライ、ポテトチップスは『こども大好き3大ポテトメニュー』ではないでしょうか?


そんな、ジャガイモがピーンチなのです。『奥さん、今年は、ジャガイモの値段が上がるわね。』なんて、お金の問題ではないんです。


メークインが、畑の土に埋もれて溺れてるのです。






水害で、畑が池のようになり、詳しいことは正直わからないのですが、何日か晴れの日が続くと、デガー(いも掘り機)が入れるようになるので、そのタイミングで掘り起こされたイモを、あとは人の手で拾い上げて救出してやるしかないのです。



今年のエンタビロケハンで訪れた『いただきますカンパニー』さん。それはそれは素敵な取り組みを農家さんを巻き込んでされてるのですが、その農家さんがピーンチなのです。



そんなワケで行ってきました、帯広市音更町へ。






広大なジャガイモ畑で救出を待ってる大小様々なメークインたちを、黙々と拾い上げます。黙って黙々と拾うだけ・・・なワケがないだろ!



喋るよ。そして拾うよ。



拾いながら喋りながら、おかあさんにツッコミ入れながら、援農してるのか演農なのかが微妙なところではありますが、イモたちが元気なうちに目標を追い越す分のイモ拾い終了。


どこまでも続くジャガイモ畑でも、拾う手を止めなければ、『なんとかあそこまで!』という目標に近づき、気づいたら追い越してたりするのです。



芋を拾い続けて気づいた事があります。それは




ハート型の芋、けっこうあるよ。



だれひとり『わぁ、ハート型のイモだ!カワイ~ィ、写メ写メ!!』なんて言う人はいませんでした。


決して年齢の問題はなく、イモを拾う手が止まらないんです。




タイヘンでした。たしかに、手でイモを拾うということはタイヘンでした。ただ『いただきます』の本来の姿を考える時間にもなったような気がします。



15時にイモ拾いを終えて、みなさんとお茶を飲んで、縁農終了です。




縁があって農業支援。



みなさんも『イモ大好き』だけでも、すでに縁ありますからね!!



お時間ある人は、是非。たぶん、Facebookのみで募集してるようでうが、援農、いかがですか?詳しくは・・・コチラ

| ヒトリゴト | 08:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3832-24457d82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT