福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

床下で床上浸水。

昨日の富良野は大雨。




夜に、工場長の家に居候してる居候2号(ちなみ居候は現在3号までいて、1号は、そうです僕です)からメールが来た。



大変です。地下室が浸水しました。







大変な状況ではあるけれど、地下室の場合は、床下浸水になるのか、床上浸水なのか、どっちなのだろう?と考えてた。



その時、主の工場長は6日連続で続いてる飲み会で、現実を受け止める余裕はなかったようだ。



居候2号からは、もう一人の居候3号が『川を作ってくれて浸水が止まりました。』とメールが来た。



川を作ってくれた?



1616年から1626年まで北上川の治水事業をなして石巻の街を救った川村孫兵衞さんを思い出した。



うろたえる居候2号と、玄関の外にスコップで川という名の溝を掘っていた居候3号が目に浮かぶ。


こうして、床下の床上浸水は、ひと段落したようだ。








その頃、家に帰ってきた主は、思考停止のまま眠りについたようだ。



富良野での被害状況は詳しく届いてませんが、もし床上浸水が一軒だったら工場長の家です。



また、床下浸水が一軒だったら、それもまた、工場長の家です。




| ヒトリゴト | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3812-a5f38f9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT