福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ここのところのこと

鹿児島でのこと①



ここんとこblogを書く余裕のない日々、アッという間に1週間が経ってました。



その間、ずっと【BoKeMoN】の石倉くんが、僕のblogのトップになってた事に気づき、それがイヤなので、blogの更新をしようと思います。



とはいえ、鹿児島での事も、まだ詳しく発表できないので、どこまで書こうかと思うのですが、とある仕事の依頼がありまして、勉強するために、急遽、鹿児島に行ってきました。



その時に、一緒に付いて来てもらったのが【BoKeMoN】の人であり【KoKeMoN】の人


satsumastudent201609.jpg

よっさん。



で、勉強してきたのは、幕末とか明治維新とか、その時代の事。訪ねたのは、鹿児島県歴史資料センター『黎明館』そんな黎明館で、現在、キラキラと、そして華やかにやってる展示イベントが



kagoshima20167.jpg

【黄金のファラオと大ピラミッド展】




なのですが、いや、こちらもオモシロイとは思いますが、僕の目的は、幕末、明治維新の勉強なので、黄金のファラオと大ピラミッドほどキラキラはしてない、むしろ、ヒッソリと地味にやってるのが




fc2blog_20160802213623437.jpg

【幕末薩摩外交】



正直、幕末とか明治維新とかに興味がなかったのですが、この【幕末薩摩外交 ~情報収集の担い手たち~ 】を、黎明館の学芸員の町田くん(マッチー)に、説明をしてもらいながら一周したら


なんか感動して、2日後、もう1回、行ってきた。


たぶん展示物は、幕末に興味がある人にとってスゴイのだと思うのですが、それ以上に、マッチーが説明してくれる『その時代を生きてきた人たち』の思いとかを、あくまでも歴史上の史実から紐解いていく事が、なんか、もぉ、スゴイのですよ。


で、マッチーは、黎明館の(鹿児島の?)学芸員なのですが、この学芸員さんというのは、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業を行う「博物館法」に定められた、博物館におかれる専門的職員なのです。(文部科学省のHPより)



マッチーが説明してくれながら出てきた言葉に、いくつも衝撃を受けました。それは、説明してくれてる流れで出てきたからこそ衝撃を受けたのですが


『歴史はパズルなんです。』


『歴史って、地味で厳しいんです。』



この言葉が、とても深いのです。


マッチーの説明(講演)や展示解説を聞ける日があるそうなので、鹿児島の人には、見に行って聞きに行ってもらいたいと思いました。


詳しくは・・・コチラ



そういえば、同行してもらったよっさんも、名言?みたいな事を言ってました。




黎明館の前で『苔の壁』を見つけたよっさん。



そこには、根っこが、石垣を突き破って生えてました。その根っこの写真を撮りながら



『そんな根っこも、苔が支えてんだよね。』



オレ、全然グッと来てないのに・・・言い終えて、気持ちよく去っていく




【KoKeMoN】ヤロウ。




まだ、いつになるか分かりませんが、「あぁ、あの時、blogにそんなこと書いてたな。これが、それか!」と言ってもらえる日が来ると思うのです。

| ヒトリゴト | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3797-f14bde50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT