福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝手に福島カツシゲ10周年

富良野に来て10年になります。


あ、移住してという意味ではなく、富良野にチャリンコで到着したのが2006年12月でした。



そんな記念すべき年・・・なのかどうなのかよく分かりませんが、今回の【Ryo Yoshimata Presents Live 】も、いっそ


福島カツシゲ10周年記念祭


の一環という事に・・・ならない?そうだね、ならないですね。


でもまぁ、吉俣さんが富良野演劇工場でライブをやるという縁が繋がったのは、僕のおかげ・・・え?



風のガーデンのテーマ曲を創った縁なの?

オレの縁じゃなくて?



まぁ・・・そんなわけで、ステキなライブが富良野でありました。





演劇工場のスタッフのみなさんが、漢祭の時と違ったチカラの入れようで、それはそれはステキな空間を演出してくれました。





今回、改めて吉俣さんを代表する音楽を聴かせてもらって思ったが



代表作、多すぎる!


第1部では、ピアノ、バイオリン、チェロの編成(『ふがらっさ』だけは、三線のタナカアツシさんも交えての編成でしたが)でのサントラオンパレード。


いや、やっぱり『冷静と情熱の間』だという人もいれば『Dr.コトー診療所』という人もいるし、なんといっても鹿児島出身なんだから『篤姫』だろ!という人もいる中で、いやぁ、なんか、今回、僕の中で、改めて良かったのが



『江~姫たちの戦国~』が良かったぁ。



そして、朝崎郁恵さん、タナカアツシさんを交えての第2部も、なかなかコトバが見つかりませんが、朝崎さんの優しさと島唄を伝え生きる叫びに圧倒された感じです。






朝崎さん本人もおっしゃってましたが、ホントに吉俣さんのピアノでないと、きっとこの優しさや温かさは出ないんだろうと思うのです。





その吉俣さんが富良野演劇工場のステージでピアノを弾いてる姿っていうのは、やっぱり


僕の・・・おかげ。


あ、違います違います、この10年、富良野で出会った人たちと、17年前に吉俣さんと出会えた縁のおかげです。



次の日には、風のガーデンで『風のガーデン』のテーマ曲を作った吉俣さんがピアノを弾いてる贅沢な時間を過ごせました。



しかも急遽、札幌出身で、実家に寄る前にバイオリンの真部裕さんが、一緒に弾いてくれるというスペシャルもあり




そこに、さらに喋りのスペシャリストが楽器を持たずに丸腰でコラボするという





お客さんにはステキな箸休めもありました。



この緩急、大事ですね。



2日間、ちょっと残念だったのが、雨模様だった事だけですが、吉俣さんが帰ってからは













連日の快晴でした。



その晴れっぷりを吉俣さんにメールすると、吉俣さんから


Re:
富良野って、もしかして、俺の事嫌い?



という返信が届きました。


いえいえ、富良野は、吉俣さんの演奏を、またお待ちしてます。





まぁ、僕が言うのもヘンですが、富良野演劇工場へお越しのみなさん、風のガーデンで出会ったみなさん、どうもありがとうございました。



| ヒトリゴト | 12:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

北海道で朝崎さんなんて、すごすぎますね。行きたかったよ…

| にゃにゃ | 2016/06/30 18:01 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3773-bd8ec949

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT