福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山小屋の男 ㉓(振り返って…)

酸素なめるな!




薄い。酸素薄い。幸薄いのではなく、酸素薄い。正確に言うと酸素が薄いのではなく、空気が薄いのですが・・・とにかく大きく深呼吸というのが、うまく出来ないのです。


小さく荒呼吸は出来ますが・・・


なんせシンドイのです。特に寝る時がシンドイのです。


6月4日、ヘリコプターで北岳山荘に向かい(ウマさん撮影)


13335555_1381369768556186_8223886689146546475_n.jpg



ヘリを降りて

13327474_1381369785222851_6675539498970391042_n.jpg



ちょっと動いたら、ハアハア言いました。




13325728_1381369815222848_5459934875566268612_n.jpg

この時、ハアハア言うてました。



3000メートルで、この息苦しさ・・・15年前、日本で一番高い山、富士山(3776メートル)に登った時に、こんな感じだっか?と振り返ってみたが、あんまり覚えてない。


エベレストとかに登る人、スゴイわ。


標高が3776メートルの富士山は、気圧が地上の3分の2で、標高8848メートルのエベレストは、気圧が3分の1だそうです。


気圧の低下で酸素が薄い(空気が薄い)状態が登山者のカラダに影響を与えて、頭が痛くなったり、吐き気がするなどの症状が高山病です。


高山病対策は、水分補給と荒呼吸です。


今回、北岳山荘では、ポカリに救われました。水分補給のおかげで無高山病でした。ただ、めちゃくちゃトイレに行きました。


酸素というか空気、大事ですね。

| ドラメンタリー | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3761-7f92e16a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT