福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山小屋の男 ⑥

シャッターチャンスを待つ・・・




北岳山荘では、外作業や休みの日に山に登った時に動物を目撃すると、どの地点で、とんな状態(1匹なのかツガイなど)なのかを日誌につける。



本日の外作業では、雷鳥を確認。雷鳥も、僕に気を遣ってくれて、シャッターチャンスを作って待ってくれていた。



iPhoneの限界で、小さくしか写ってませんが




岩の上に止まって待つ雷鳥。



もぉ、いいのか?と、僕に問いかけてくる雷鳥。





そして、ちゃんと飛んでくれる。





そんな空気の読める雷鳥もいれば、今朝の全体ミーティングの前に、昨日の確認を4人でしていたので





なんか、ボンヤリした顔のリーダーが『お願い、もう一枚撮って・・・』と、シャッターチャンスを無理やり作ってくるので、仕方なく




顔だけ、不自然にキメ過ぎだろ!



雷鳥の自然なシャッターチャンスとリーダーのゴリ押しのシャッターチャンス・・・楽しいメンバーで小屋開きの準備をしています。



本日は、みなさんが安全に登山出来るように、リーダーに連れていってもらい、登山道にロープを張る作業を手伝わせてもらった。




北岳山荘を遠くに見ながら。




先頭にうまさん。2番手に今回、一緒に山小屋に入った長田くん。










なかなか股間がヒヤッとする岩場での作業。こんな場所です。












ここでは頼れるリーダーでした。


















作業を終えて、リーダーは出張のため下山。3人で北岳頂上を目指す。






そして、到着した山頂は








真っ白でした。



天気のいい日に、リベンジを誓って北岳山荘まで下山。



下山中のヒトコマ。


登山道に男物のパンツが落ちていた。少し隠れた岩場だったのと、周りの状況から、おそらく腹痛に耐えられず、この場で用を足したのだろうと思われる形跡が・・・


長田くんが、そのパンツを手に取って、ビニールに回収して、それを持って下山。



山を愛する男が取る行動、汚れたパンツを手にして歩いてるのにカッコよく見えた。



みなさん、山に入る時は、体調万全に、そして、愛を持って登って下さい。なにより、ご安全に!


北岳山荘、そんなメンバーでお待ちしています。

| ドラメンタリー | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3744-fc4a5aaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT