福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山小屋の男 ②

小屋開けまで。



今回のドラメンタリーは、山小屋の男で、山小屋が開くまでの作業体験。



山小屋にはヘリで資材が運ばれる『荷上げ』と、使わなくなった物を運んでもらう『荷下ろし』の繰り返し。



昨日は、人の上げと下ろしと、食材や資材の上げと下ろしを一気に。






小屋には大量の物資が届き






発注した物と届いた物のチェックや、倉庫という名の限られたスペースに入れていく作業。







小屋開けまでの間、普通にないのが水。雨水も利用する。いや、むしろ、雨水だけを利用する。


そして、昨日の夜聞いた、リーダーのコトバ。


『明日の朝、雨の予報だから、今日、風呂入るぞ。』


『いいんすか?』


『天気予報だと、今日、入っとかねぇと、8日まで入れねえからな。』


『うぃ~っす!』


笑顔のメンバー。



山小屋で大切なのは、水と電気と喜びのココロ。


そして、山の天気は変わりやすい。





1時間もすれば





山の天気をなめるなよ・・・オレ。


本日の山も、すぐに表情を変えてきます。朝は




視界5メートル。



その後








晴々とした表情を見せてくれました。



山がコロコロと表情を変える事で、怖さも優しさも教えてくれる気がします。






夕陽が照らしてくれる優しい表情。




遠くに富士山も照らしています。


そして、北岳の山々。














山は静かに時間が流れています。

| ドラメンタリー | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3740-501b27c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT