福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漁師の役作り24日目

天気図。




漁師は、まず天気予報を見る。若い漁師はスマホで見たりする。石森さんは、テレビで天気予報を見て、その日の漁や作業の流れを考える。


ただ、お天気お姉さんや、気象予報士の話は聞いてない。


石森さんは、天気図と衛星写真を見ればわかるのだ。




北西の風が吹いてくっがら、今日は(牡蠣揚げ)ダメだわ。



福『天気図を見て、風がどう吹くのか分かるんですか?』

石『常識だべ』



そして、衛星写真で今後の天気も分かるのだ。



この雲だと天気が悪いのが長引くんだわ。


福『雲で分かるんですか?』

石『常識だべ』


そして、朝の漁師講座(お天気編)が始まった。


石『ほれ、この雲が雪降らせてる雲だべ。大陸に沿ってスジ状の雲がビッシリあるべ・・・(中略)ここに気圧の谷さあって・・・(中略2)だがら、奄美に何百年ぶりに雪降らせるわげよ。


何百年ではなく115年なのだが。


更に講座は白熱する。


石『シゲさん、台風の時は、風を背中で受けで、左手を真っ直ぐ伸ばした方向に台風あんだよ。』

福『そうなんですか!?』

石『常識だべ』


少々腹も立つが、人は



見かけによらない。



上空には偏西風が吹いてっでしょ・・・


南岸低気圧が上がってくっと、北海道の東部に雪降らせんのよ。普段は降らないんだよ・・・


台風は逆だべ。南の水温が高いから発達すんだがら、北に行くと水温が低ぐて急にシュンとなんでしょ・・・


夏は、日本のここらへんに高気圧が居座ってんだわ・・・


まぁ、そぉやってかんがえると簡単なんだわ。難しく考えっと、ダメなんだわ。


そうやって、朝の漁師講座が終わり浜へ行く。



上空の雲が流れている。


隼人くんは、風が強くならないうちに牡蠣揚げに行くつもりでいるので、牡蠣剥きのペースが早い。


こうして、いろいろと先を読む。


もしかしたらだが・・・


もしかしたら




この人、頭いいのかもしれない。



本日は、鹿立浜に、福貴浦の漁師、トモくんがやってきた。






各家庭の剥いてる牡蠣を見ては、つまんで食べる。食べ歩く。



何度か行ったり来たりして食べる。



こうやって、この年の牡蠣の出来栄えを確かめている。


のだと思って感心してたら、隼人くんいわく、


隼『ただ、食べたいだけだから』

福『そうなの?』


トモくんは笑ってた。



恐るべし、浜の食いしん坊。



そんな本日も、がむしゃらに牡蠣を剥いていたら



ハート型の牡蠣を見つけた。


実はこの牡蠣、2枚の牡蠣が合わさってハート型になっている。


恋の予感がする・・・が


最近結婚したトモくんにプレゼント。トモくんは『2人で蒸して食べます。』と言ってたが、家に帰るまでに素手でこじ開けて食べないか心配だ。


| ドラメンタリー | 16:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

勉強になった

漁師さんて凄いですね
私も講座に参加したかったです笑
寒い日が続きますが、お体に気をつけて下さい

| かず | 2016/01/26 10:13 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3634-8e77c508

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT