福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漁師の役作り19日目

久々の鹿立浜の朝。



海辺の朝は、相変わらずキンキンに冷えてるのですが、なんとも美しい。









いや、きっと、東京の朝も美しいのだろうけど・・・


起きてない。


基本、この時間に起きてないから見てないだけだと気付いた。



そんな本日は、午後から風が強くなる予報なので、早めに牡蠣揚げに行った


隼人くんだけで。


この浜の多くの漁師は、牡蠣揚げに一人で行く。もちろん後継者の問題もあると思うのだが、その日の天気や風を読んで、どのタイミングで牡蠣揚げに行くのかを判断する。


石森さんも一人で牡蠣揚げに行く事もある。今日は、一人で




ナマコ網の修理をしてた。



あと10日で、漁師の役作りも終わり、いや、それで漁師の役作りが出来るというわけではないが、この浜に居させてもらって、漁師という仕事に向き合ってる人たちと一緒に作業を経験させてもらっていると、漁師の日常と、大変さと、楽しさを知る事は出来たのだと思う。


あ、あと魚の料理のノウハウもだ。


石『シゲさん、みりんは、何でつがうの?』


出た、問題!


福『魚を・・・』

石『ほぉ、魚を?』

福『柔らかく?』




石『はぁ?』




福『マイルドに・・・いや、わからないですね。』

石『みりんは、照り。』

福『え?それだけですか?』

石『ほがに、何、必要だっちゃ?』



そうなんですか?味とか関係ないんすか?照りのためだけにみりんって使うんですか?





| ドラメンタリー | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3628-ab5a7100

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT