福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漁師の役作り15日目

本日のナマコ漁。



出発前。漁を始める時間は決められています。7時になるまで待ち






軽く談笑






しかぁし、7時になると一気に船がスピードを上げて漁場に向かいます。




ボートレースか!





これが、なんか、カッコイイ。


ただ、この後は、網を降ろしてゆっくりと進みながら網を引く。写真を撮ってるヒマ・・・





この時だけちょっとある。



本日の鹿立浜は海上でも雪が舞う寒さ。2時間弱でナマコ漁は定量に。そんなナマコ漁では、思わぬモノが網に引っかかる事がある。


本日は、ツブ貝、シャコエビ、マコガレイの3品。


『はい、シゲさん、問題。』


ちょいちょい出てくる石森さんの漁師クイズ。


石『ツブ貝、カニは、ぜってぇお水から茹でないとダメだけっども、エビは沸騰したお湯にバチーンと入れます。はい、なんで?』


福『ん~?お水からだと・・・柔らかく・・・なるから・・・っすか?』





石『はぁぁぁ?』


答えが外れてると、石森さんは、いつも『はぁぁぁ?』とヤンキーが、ガン付けるようなオーバーリアクションをする。



で、答えは分からないのだが、料理をする人には常識なの?


福『貝は熱湯に入れると・・・』

石『ほぉ、はいはい!』

福『フタを閉じる?』






石『はぁぁぁぁ?』


出た、腹立つリアクション。


石『まぁ、間違いではないんだけんども』

福『間違ってないんかい!!』



ここからは、こんな顔を想像しながら




石森さんの話を聞いてる雰囲気を味わって





笑ったり





腹立てたりして下さい。



石『シゲさんは、熱いお湯にはいっと、どうなる?』

福『あぢぃ!ってなります。』

石『はい正解。』


正解ってオカシイでしょ。


石『カラダをギュッとするでしょ?ツブも一緒だっちゃ。あぢぃって言っで、グルグル巻いてる貝のオグの方さ入ってしまっで取れねくなってしまうっちゃ。』

福『はぁ、なるほど。』

石『だがら、水からあっためて、ツブが『あぢぃ』って思う前に『はぁはぁん、いい湯だぺっちゃ』って思ってるうぢに、茹でないどダメだべ。』


ちょいちょい、オモシロ芝居を挟んでくる。


福『何でも知ってますね。』

石『常識だべ。』


出た!腹立つリアクション2


福『カニは何でなんですか?』

石『カニさ、熱湯に入れっと10本の足全部とれっちゃ。』

福『そうなんですか?』

石『そうだよ。ここの肩のところ、柔っけぇくできてっから、ポロポロ落ちるべ。だがら、カニが『あぢぃ』って思って足落とす前に『はぁはぁん、いい湯だぺっちゃ』って思ってるうぢに、茹でないどダメだべ。』


気に入ると、同じパターンで攻めてくる。


で、エビは、熱湯に入れるとギュッとカラダを縮めるから甲羅から身が剥がれて食べやすくなるそうです。


石『だがら、ツブとカニさ茹でっ時は、水からで、エビは沸騰したお湯さ入れねえとダメだべ。』




石森さんの漁師講座は、実に楽しくためになり、たまに腹が立つのです。

| ドラメンタリー | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3622-795338a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT