福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漁師の役作り12日目

アカザラガイ。



ナデシコ貝とも言います。牡蠣揚げしてきた牡蠣には、ムール貝がくっ付いてたりホヤがくっ付いてたり、たまにカニがしがみついてたりするのですが、ちょいちょい




ナデシコがくっ付いてます。



このナデシコ、見た目はホタテの小さいサイズの殻で、赤みを帯びた貝なのです。赤くてザラザラしてるのでアカザラガイ。

4-7-20151127145259.jpg



そんなナデシコ、味は完全にホタテです。僕はリトルホタテと呼んでます。


牡蠣剥きをしてる時に、サイズの大きなナデシコは、剥き手によってよけられるのですが、小さかったり見逃されたナデシコは、牡蠣の殻と一緒に





ばんこのカゴに入ってしまいます。



ここからの流れは





そして、最後は




ばんこの墓場に連れて行かれてしまうのです。




しかぁし、そこに現れた救世主!ばんこ番がナデシコを救い出します。紛れ込んだナデシコを別のカゴに入れてあげます。



軽い密漁です。



そして、そのナデシコたちは




ここからドンッ!




この茹でただけの熱々のナデシコがサイコーなのです。冷めても、大根おろしに醤油を垂らしたナデシコは、石森さんいわく

IMG_0375.jpg

『ハンパねえ』なのです。


そして、次の日にはバター醤油炒め。

IMG_0374.jpg



このように、徐々に、ばんこのメリットを見つけ始めました。

| ドラメンタリー | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3619-0b070830

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT