福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1年ぶりの美深町。

友人家族と再会。




1年前には、友人が働く美深の森を案内してもらった。今回は、松山湿原。釧路湿原のような広大な湿原とは違って、小さな湿原。というのも、この松山湿原は山の上にある。これは、けっこう珍しい(そうだ)。



IMG_7436.jpg



けっこう珍しいのだが、平日ということもあって、人がいない。友人の家族も一緒に、まず山を登る。


こども2人と大人4人。




こどもたち先頭。



そして山頂。





それはそれは、水墨画のような独特の色と雰囲気を醸し出していた。




IMG_7406.jpg




IMG_7403.jpg

厳しい環境の中で生き続けている樹木。なんか、海原はるか・かなた師匠のネタかッ!




山頂には『長寿の鐘』があり、そういえば、本日オカンの誕生日だったので、ガンガン鳴らしておいた。








松山湿原、ステキな場所です。


そんな松山湿原は、苔にはおあつらえ向きの場所のようで、湿原の色合いとは違ったミドリ色を放っていた。


















気付いたら、こんなところを撮られていた。






この時撮ってた苔が





なぜか、苔を撮ってる時に





笑顔であるのが腹立つ。



IMG_7388.jpg


松山湿原、是非、そこにある自然を感じに行ってみてください。

| ヒトリゴト | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3506-158580cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT