福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石倉良信紀行。

プライベートは、苔三昧。




今回【イシノマキにいた時間】とは別で、仕事で一緒というのは【おじゃツナ】以来?まぁ、ナンヤカンヤ、この男と一緒にいるのですが、鹿児島という苔天国にやってきて、相当テンション上がってた石倉良信紀行をほんの少し。



まずは、軽く仕事ぶり。





床山さん(髪結いの職人さんの事なのですが、時代劇などのカツラを扱ってる職人さんの事を、そう呼びます。シゲペディアより)に「カツラ似合いますね」とよく言われるらしい。

今回は職人役だが、昔のお百姓さん顔、商人顔らしく、衣装さんや床山さんに、しみじみ「やっぱり似あうわぁ」と言われ、相当上機嫌の石倉良信46歳。


いわゆる時代劇の主人公をやられてる俳優さんは、濃い顔で、石倉良信46歳は、それはそれは薄い顔なのだが、以前、ヘアーメイクさんに言われたのが


「江戸時代に、そんな濃い顔の人いませんからね。だいたい石倉さんみたいな薄い顔ですから。」


と、褒められてるのか微妙な言葉に、本人は相当、ゴキゲンだったらしい。



そんな薄い顔の石倉良信46歳は、今回、通りすがりの外国人役の時に、付け鼻を用意されてて、付けてみた。




スグ取れた。



薄ッ!!なんて薄い外国人やねん!さすがに、こんなに薄い欧米人はいてないだろう。



そして、床山さんが、見るに見かねて、鼻パテを付けてくれた。







顔はだいぶ外国人顔になってた。あとは、役作りだけだ・・・



そんな石倉良信46歳は、仕事を終えると7割苔と一緒で、3割酒と一緒だ。今回の鹿児島は、雨が多かったこともあって、もぉ苔天国。そして、鹿児島といえば焼酎天国。つまり、石倉天国なのである。






石垣の上に苔のジュウタンを見つけてた。レッドカーペットならぬ、モスカーペットだ。脇役の最高峰が歩くモスカーペット。





そして、苔ではないのだが、きのこの一種?らしいが、苔の脇に生えてるドス黒い植物を嬉しそうに撮ってた。




「うわぁ、しげさん、しげさん、ちょっと見て!」




「これねぇ、名前がね・・・イシクラゲって言うの」


嬉しそうな石倉良信46歳だった。


で、仕事を終えて、打ち上げの食事まで時間があったので、それぞれで時間を過ごしたのだが、打ち上げの時間になって集合した時、やはり、彼は、すでに酔っていた。


指輪の苔を新調したらしい。「見て見て、みずみずしいでしょ!」




もぉ、ダレも彼を止められない。





ゴキゲンなのである。





そして、彼は言った。「これから、俺だけ、二次会。」





車を停めた駐車場で、軽自動車専用の場所に、見事な彩りを魅せてた苔を見つけて











そして彼は笑顔で言った「ココは・・・苔専用」




ゴキゲンな薄い顔



鹿児島での日々は、もぉ・・・『ゴキゲン石倉天国』だった。







そして、帰りの飛行機は、ずっと寝てた。






そんな石倉良信46歳のゴキゲンとマニアックがいっぱい詰まった、もはや石倉良信の全部が詰まった電子書籍版『苔道』は、全号アマゾンからでも買えるのです。


11709757_877876092289522_5783046308305222446_o.jpg

興味ある方は・・・コチラ



石倉くん、あとは、お芝居だ。

| ヒトリゴト | 05:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3485-22154d38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT