福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母vs 子(4歳ぐらい)

DVDを借りにきた。




日曜日ということと、レジに2人しかいないこともあって、結構並んでいた。目の前は家族連れ。お父さんが並んで、お母さんは2人の子どもをもてあましていた。一人は、まだ抱っこされている0歳児かと思われ、もう一人が、今回の主役4歳ぐらいの男の子である。


お父さんの手には、何本かのDVD。その中には、4歳の子供用の『妖怪ウォッチ』のDVDも入ってるようだ。


まだレジまで4人ほど並んでる。と、その時、レジのところに置いてある妖怪ウォッチのお菓子を4歳の子どもが見つけた。『ジバニャンのチョコボー』というお菓子。


子どもは、ものすごい欲しがった。


しかし、お母さんはダメだと言う。


子どもは、レジのところからお菓子を持ってきて『これが欲しい』という。


それでもお母さんはダメだという。


僕は、内心『お母さんガンバレ!』と思う。


子どもは、お父さんにお願いする。『パパ、おねがいだからぁ』と、今にも泣き出さんばかりの勢いだ。


僕は、内心『お父さん、ダメだよ、そこでお父さんが許したらダメだよ!』と思う。


お父さんは『だからDVD借りたでしょ。』という。


なんだ、その『だから』の使い方・・・と思いながらも、ギリギリのところでお父さんも踏ん張ったと思った。


ところが、ついに子どもが泣いた。


さぁ・・・どうする!お父さん、お母さんはどうするのか?2人は『泣いてもダ〜メ!』と声を揃えて言った。


結婚して何年なんだろう?2人の息はピッタリだ。


子どもは手にジバニャンのチョコボーを持ったまま泣き声は大きくなる。お父さん、お母さんは動じない。泣き声が大きくなっても知らん顔。


0歳児は寝てる。


と、その時、子どもが、手に持っていたジバニャンのチョコボーの袋を破った。あらぁ〜〜〜!これはイカンぞ!


さぁ、お父さん、お母さんどうする?


お母さんは怒った。『それはドロボウだよ。』


お父さんはレジの人に言った。『すみません、アレ、買いますので。』


すると、お母さんは言った。『ダメだよ、買わないからね!』


レジ担当の2人のおねえちゃん、そして、僕も含めて並んでいた全員が思っただろう・・・



   『いやいや、それは買わなアカンわ!』


と。


お父さんが、僕たちの(心の中の)ツッコミより数秒遅れて『それはダメでしょ。』と言って、レジの子はホッとした顔をしていた。


だが、そこで終わらなかった。


お母さんは怒っている。相当怒っている。レジを済ませて、そしてお店の外にでる直前に、子どもから『ジバニャンのチョコボー』を奪ったお母さんは、袋からチョコボーを取り出して



   食べた。自分で食べた。



子ども・・・ものすごい泣いてる。お母さん、モグモグしながら何か言ったが、よく聞こえなかった。



この、教育が正しいか正しくないかは別として、ちょっとオモシロかった。

| ヒトリゴト | 19:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いい!

お父さんとお母さんの子育てへの考えが一致していて素晴らしい!
息子が泣きわめいても動じないところがさらに素晴らしい!
しかし…お母さん頭に血が上り過ぎたのか「お金は払わない!」は…惜しい!
でもやっぱりガツンと子供を叱れる親御さんはいい!素晴らしい!

| えれん | 2015/02/16 17:56 | URL |

声を、出して笑いました。
お母さん、いけてるね。
握りつぶしたら、食べ物だから
あかんしね。
かっこいいと、思ったよ。
子供にも、ガツンと、叱るタイミングだよね。
パパは、優しすぎ。

| すな。 | 2015/02/16 15:42 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3402-4d22c278

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT