福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カッコ付けてた石倉くん

富良野から札幌への移動中。




津田英佑くんから、よっさんに電話がかかってきた。津田英佑くんといえば、あの『アナと雪の女王』のハンス役をやってて、ミュージックフェアにも神田沙也加ちゃんとデュエットしてたり、その歌唱力はものすごいのだ。


津田くんとは、何度か舞台で共演させてもらってて、歌もスゴイのだが、それ以上にキャラが際立ってる。最初に出会った時は、バラの刺繍が入ったパンタロンみたいなのを履いて登場した。もぉ、キョーレツなインパクトを、僕に与えてくれた。


で、よっさんも津田くんとは、地球ゴージャスで共演してて、年齢的にはよっさんが上らしい。よっさんが先輩なのだ。


話を戻すと、富良野から札幌への移動中に、津田くんから電話が掛かってきて、助手席に座ってたよっさんは



   『おう、えいすけ、どうした?』



と、いかにも頼れる先輩な感じで電話に出た。が・・・津田くんに『いや、石倉さんから着信あったので』と言われてたようだ。


よくやるのだ。よっさんは、携帯を後ろポケットに入れてるので、よっさんから電話が掛かってきたのに、雑音だけが延々聞こえてるというパターンが、よくある。たぶんそのパターンだ。


津田くんからの電話にも『おう、えいすけ、どうした?』という、なんでも相談乗るぜ!みたいな雰囲気を醸し出し、風速30メートルほどの先輩風を吹かせてたが、年齢は上なのだが、間違いなく



   格は津田くんが断然上なのだ。



結局、頼れる先輩風に振る舞って喋り、そして電話を切った。やや強い台風ぐらいの先輩風は、オレの上空を通りすぎて、その後は一転、穏やかな天気になった。



| ヒトリゴト | 12:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そんな苔を愛でる舞台上のパイセンにうっかり胸キュンしちゃいました ^o^

| ハイコウ | 2014/09/11 11:19 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3315-40041ae1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT