福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あるく

上品と書いて、じょうぼんと読みます。



上品の郷という道の駅に『ふたごの湯』という温泉がありまして、入りに行って来ました。ウマノモータースの作業が午前中に終わり、その後、諸々の作業を終えて、昼から馬っこ山を目指します。











馬っこ山の頂上で、写真を撮ってたオイカワさん。オイカワさんの自宅は、上品の郷の近くにあるそうで、馬っこ山からの裏ルートを案内してくれた。





ほれ、コッチだ。

と、案内されたのだが・・・







この先に、道があっから。


と言われたのだか・・・


その先に、道は・・・なかった。この道は、





   私の記憶が正しければ、森と呼んでた。



しばらく進むと、道が出てきた。道は、たしかにあった。






通ってきた道、いや、森・・・








車が通れる表道とは違って、かなり森林浴を楽しめる馬っこ山の裏道・・・とてもレアな道だ。







車は入れないようになっている。





そして上品の郷を目指す。


70代前半くらいのオイカワさんと歩きながら、いろいろな話を聞かせてもらった。亡くなったお兄さん、流された実家、そして進まない住宅予定地の埋め立て。オイカワさんの話では、この場所に、ひとつの村ごと移り住む計画なのだが、田んぼだったココは、地盤が柔らかくて、工事は全然進まないのだと言う。






そんなオイカワさんと上品の郷の手前で別れる。あまりにもシッカリとした足取りで、早いペースで歩いていたので、ふだんから歩いてるのだろうと思って聞いてみた。


  オレ『毎日歩かれてるんですか?』

  オイカワさん『まぁ、散歩がてらな』

  オレ『どれくらい歩くんですか?』

  オイカワさん『だいたい、3万5千歩くらいだな』



3万5千歩・・・30キロ弱だ。だいたい3時間以上歩くそうで、もはや、散歩がてらちゃうやん!そんなワケで、上品の郷からも歩いてしまった。それでも3万3千歩・・・27.5キロだった。



オイカワさん、恐るべし。


| イシノマキにいた時間 | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3212-2fdc594e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT