福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誕生日イブ

明日47歳になります。




そんなアラフィフな年齢にさしかってるいま【嫁に来ないかぁ!】というココロの叫びにも似た舞台の作・演出をやってます。このままだと、何年後かには



   【介護に来ないかぁ!】



更に、その後は



   【看取りに来ないかぁ!】



という舞台をやることになりそうです。誕生日イブの本日は、上富良野町の『かみん』という場所で18時から上演してます。



昨日、劇場の仕込みは終わってるので、今日は14時に集合。時間があったので、閉塾した富良野塾に連れて行ってもらいました。2日前にトラックを返しにいった時は、真っ暗だったので、見えたのは、車のライトを照らして浮かび上がった富良野塾の看板と


fc2blog_20131101155341ec1.jpg




照り返しのキツイ、ハゲ頭。いや、起草文の石碑だけだったのです。






そんなワケで、明るい時にというお願いを聞いてもらい、今度は照り返しではなく、照りを一身に受けた工場長に案内してもらいました。






いやぁ、富良野にチャリンコで着いて、初めて見た舞台が【谷は眠っていた】という、この地を舞台にした物語だったので、閉塾して3年?経った二度寝を始めた谷に来たような気分でした。



10月の豪雪で、葉に積もった雪の重みが、ものすごい数の木を倒してました。また、ここでも自然の力を見せつけられました。

fc2blog_20131101155733864.jpg



そして、最近、どうしても撮ってしまう苔画像。ココこそ苔道入口だ。

fc2blog_2013110116025691f.jpg




塾の敷地は広大で、その中に、いくつもの建物がたってました。すべて塾生の手で建てられたというのが、信じられないクオリティなのです。ここは神聖な稽古場でありスタジオ。













新潟の上越高田で見たマル丸山のジャンジャン下北沢とのクオリティの違い・・・ただ、その熱が同じだということを思うと、マル丸山に感動したりもした。


蜘蛛の巣も





壁に飾られ傾いていた写真にも





窓から入ってくる光にも






とてもアツイ熱を感じました。


光のある時に見た富良野塾の看板と起草文の石碑の方が眠ってるように穏やかで、夜中に見た看板と起草文はギラギラしてる気がしました。

fc2blog_20131101155539c2e.jpg



fc2blog_20131101155607279.jpg



ここで2年芝居漬けで過ごし、今でも富良野にいる。富良野にいて芝居をやってる人は、ものすごい芝居バカなのか、バカなのかだと感じて、富良野塾を出ました。46歳が終わる日に、ここに来れて良かったと思ってます。また、オモシロイモノを創れるような気がしてます。




この道の先に富良野塾があったのです。最初に来た時は、もちろん舗装なんてされてない道で、何も建ってない場所に、塾生の人たちが稽古場を建てたのです。







富良野塾を出て、上富良野に向かう前に、工場長おすすめの絶景ポイントに連れて行ってもらった。

IMG_7889.jpg




IMG_7891.jpg





工場長は、あの頃の富良野塾を、いろいろと語ってくれた。そして、上富良野の劇場に向かったが・・・




  『ねぇ、俺、どこ走ってる?』



道に迷った。ナニやってんだよ、工場長!!




もうすぐ47歳。まだまだ、楽しい。


| ヒトリゴト | 20:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お誕生日おめでとうございます♪

上富良野の会場で、つなぎを着た、46才の しげさんを見かけました(^^)

楽しい舞台でした。
笑えたり、色々感心する所があって、
続きが見たくなりました。

でも、北海道弁を話すなら
トウモロコシでは無く、“とうきび”だなぁ

47才になった しげさんに、素敵なお嫁さんが来ることを願っています
(*´∀`)

| きぃ | 2013/11/03 21:22 | URL |

お誕生日オメデトさんですヾ(≧∇≦)

富良野旅&舞台、楽しかった~( ´艸`) 


まだまだ続く!?【・・・来ないかぁ!】シリーズな舞台も観たいですね。
 

私も負けずにオモシロい毎日過ごしちゃいますよ(≧∇≦*)

| 奈々 | 2013/11/03 11:00 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/3093-28490382

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT