福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日のコト・スーパーで買物

レジは2つあったが、1つが壊れてたようだ。



この話は、なるべく細かく状況を説明します。なので、映像を想像しながら読んで下さい。



その壊れたレジ側に並んでた人は、2人だけだった。もう一方のレジは7〜8人は並んでた。なぜなら、壊れた側のレジでは、初老の男性(おそらく店長)が、電卓で計算してたからだ。電卓よりバーコードで『ピッピッピ』の方が早く進んでいくと思ったからだろうし、実際そうだった。



ただ、みんな知らないのだ・・・オモシロイのは断然コッチだということを。



店長は、テンパってた。テンパった店長、略して、テンパッ長・・・テンパッ長は、メガネをかけていた。暑いからではなく、焦って汗をかいてるのだろう、メガネが何度もズレるのだ。ガンバって電卓を使って、お客さんの買い物を計算し、開けっぱなしのレジからお釣りを払って、そしてメガネがズレる。テンパッ長は、この繰り返しである。



やっぱり、オモシロイのは断然コッチだった。



もっと見ていたかったが、オレの順番になった。メガネをしてたテンパッ長は、電卓で計算する。今までのお客さんよりも買ってる品数が少ないので、テンパッ長は少し落ち着いたのだろう。



ズレてくるメガネもそのままに。



そして、『おにぎり120円、もひとつ、おにぎり120円と、惣菜460円、そして・・・お茶117円』少し、電卓に慣れてきコトもあったのだろう。ちょっと流れるように足し算をしていた。そして、いよいよ合計の『=』のボタンになって、勢いよく



ハズした。



テーブルに人さし指をガツン。



ガツンというよりゴンッ!



テンパッ長『あ”〜〜〜〜ッ!』と声を上げて苦悶の表情。



もぉ、テンパッ長さん、100点だった。音といい、表情といい、その後、メガネのズレを直して、慎重に親指で『=』を押したコトといい、もぉ、たまらない。


オレの後ろにはダレも並んでなくて、こんな上質なハプニングを独り占めなんてモッタイナイので、ここでお伝えしておきます。テンパッ長さん、また来ます。


次来た時に、レジが、まだ壊れてますように。


| ヒトリゴト | 17:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

福島さんが書いたり、お話してくださるエピソードがとても好きです!

私も楽しい人に出会うと、誰かに伝えたくて…つい観察してしまいますf^_^;

| マユ | 2013/05/12 23:01 | URL |














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/2964-7362e736

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT