福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーナーでございます。

荒波牡蠣がぁ〜〜〜〜届きました。




家を留守にしがちなので、甥っ子んちに届くようにしてたら、妹からメールが送られてきた。携帯の機種が古いために、イマイチ写りが悪いが・・・荒波牡蠣が箱に梱包されて、そして新しく出来た福貴浦の共同処理場で剥かれたであろう牡蠣がぁ〜〜〜届いたぁ!

IMG_4520.jpg



今は、正確な人数は解らないが、全国に支援の想いが詰まった荒波牡蠣のオーナーは2,100人以上いると聞いてます。2,100人ということは、2100万円の半分の金額が処理場建設に集まったということなのです。これは、スゴイことだと思うのです。


2012年は、秋から冬にかけて、海水が温かかったこともあって、牡蠣の育ちが遅かったのです。10月の下旬に新宿のエールフェスタに、トラック一杯の荒波牡蠣を積んできた時も、漁師さんたちは、浮かない顔で言ってました。



   「こんな小さいのは、荒波牡蠣じゃねぇ」



だから、当初考えていた半額以下で振舞ってました。


それでも思うのです。これは奇跡だなぁ〜と。2011年4月下旬、鹿立浜の処理場は壊滅でした。

sudachi1.jpg


鹿立浜だけでなく、あの頃『漁業支援』と言われてた、浜の瓦礫撤去や、流されて打ち上げられた漁具の回収をしながら、『この浜が元に戻るまでに、いったい何年掛かるんやろ?」と思ってました。

koami3.jpg


僕が漁業支援で活動した浜の漁師さんは『だれも浜に戻ってこないと思ってたよ。そしたらボランティアさんが来てくれたんだもんなぁ』と笑ってました。

koami1.jpg


koami2.jpg


ホントに、そんな状態でした。あれから1年9ヶ月後に福貴浦に、共同ではあるけれど、牡蠣の処理場が建ったのは、僕には奇跡に感じます。



もちろん、今も鹿立浜には処理場が建ってません。福貴浦に出来た処理場を5つの浜が交代で使ってます。そしてまだまだ人手不足の中、少しでも早くオーナーのみなさん(あ・・・僕もオーナーだ!!)に、荒波牡蠣を届けるために、漁師さんたちは、大忙しだったんだろうなぁと思うのです。


甥っ子のリクエストはカキフライでした。

IMG_4516.jpg


正直、小さな牡蠣も入ってました。そらぁ、2000人以上の人たちに届けるわけですから、きっと漁師さんたちも辛かったんじゃないかと、勝手に考えてます。

荒波牡蠣のオーナーさんは、牡蠣が届いたら食べて、そして、出来ればもう一度、石巻に足を運んで、荒波牡蠣を食べてほしいなぁと思います。浜で獲れたての荒波牡蠣を食べて貰いたいなぁと。『オーナーだぞぉ〜〜〜!』と言いながら。


映像は、2012年の復興支演【イシノマキにいた時間】の下北沢公演の時に『今の石巻』『今の浜』として流した映像です。この福貴浦に出来た共同処理場は、5つの浜で、まだ1つですが、大きな大きな1つだと思うのです。


[広告] VPS




僕が言うのも変ですが、オーナーのみなさん、ありがとうございます。

| イシノマキにいた時間 | 17:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エールフェスタのときに私も申し込みしました!
で、私のところにも届きました!!
生かきのパックには、びっくりするほど詰まってて
こんなにたくさんの生かき見たの初めて(^^ゞ

職人魂を感じながら、いつも以上においしくいただきました♪

| ゆっち | 2013/01/14 07:54 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/2886-a28952af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT