福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石巻通心 絶賛デザイン中

@ヨッさんが。





これまでの準備号~5号までの表紙は、石巻通心舎撮影部が撮った
写真と、3号だけ、地元石巻の佐藤さんが撮った、初日の出の写真。


その写真を撮った時のキモチを書いた【Cover】というコーナーが
あるので、ちょっと紹介したい。(長くなるので抜粋で)



創刊号表紙

創刊号表紙1


そして・・・Cover

4月11日14時46分に黙祷が行われることを知ってはいたが、
私たちボランティアがどのように迎えるべきなのか、直前まで決め
かねていた。(中略)
その日私たちは、旧北上川沿いに集まり黙祷を捧げた。自分たちが
ひとりのボランティアとして、すべきことの覚悟を決めようとして
いたのかもしれない。(Yoshinori Ueno)


2号表紙

2号表紙


そして・・・Cover

5月26日の牡鹿東浜小学校での炊き出し。みな顔見知りのようで、
とてもなごやかな空気が流れていました。(中略)
何気ない光景がそこにあることがうれしくて、思わずシャッターを
切っていました。(Shouichi Suzuki)



3号表紙

3号表紙



そして・・・Cover

震災で町並みが元に戻ることはなくても、日の出の素晴らしさは
昔のまま。遠くで応援してくれてる親戚や支援者の為だけでなく
地元に残っている方々も、忘れかけている海の素晴らしさをもう
一度見て欲しかった。(後略)(Mitsutoshi Satou)


4号表紙

4号表紙


そして・・・Cover


夏が過ぎ、秋の足音も聞こえ始めたこの日、子どもたちは久しぶりに
この場所を訪れることになります。(中略)
写真に撮られることを恥ずかしがって、走り出す子どもたちの先には
住民の皆さんに先導され、ボランティア有志が担ぐ御神輿が威勢良く
進んでいます。それは、復興に向かって力強く歩み続けるこの街の姿
そのもののようでした。(Mitsutoshi Nakamura)



素敵な写真だと思う。ただ、こういう写真が撮れるまで、撮影部全員
カメラのシャッターを押すべきなのか?という葛藤の中で闘ってた。


そんな彼らに、心からありがとうを言いたい。


5号の表紙も、また素敵です。

編集長の怠慢で、いつもより【石巻通心】の発送が遅れていて申し訳
ありません。今、モーレツに頑張ってます・・・ヨッさんが。


| イシノマキにいた時間 | 16:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

4号では灯篭の写真もまた、見たとたん涙が出ました。
写真を選ぶのも、ことばひとつを選び出すのも大変な作業でしょうね。
頑張ってください!!

| 1000%green | 2012/03/25 20:56 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/2639-0d5ffc77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT