fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

避難勧告・つづき

落ち着きました。




19:10頃
避難勧告が出て、すぐに指示を出すオトコが、ふとんハウスに
一緒に居た。ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
石巻ディレクターの



   上島ヤスヒロ



このオトコ、オレより年下で、メガネ掛けてて、ヒゲ生えてて、
以前から少しづつ感じてたが・・・相当タノモシイ。待てよ?
オレが頼もしくないのか?


上島ヤスヒロは、おそらく的確な判断をし、的確な指示を出し
そして、更にその先を考えてた。


19:15頃
2チームに別れる。拠点に戻るチームと、ふとんハウスの応急
処置をするチームで残るチーム。オレは残って応急処置をする。


応急処置チームは、強風、豪雨の中、外で作業。応急処置班の
作業・・・パーフェクト終了。


19:30過ぎ
ふとんハウスから拠点に戻ると、すでに避難の流れはできてた。
ホワイトボードに現在のスタッフの名前、ボランティアの人数
移動の車などなどが書かれていた。ただ、そんな中

IMG_3549.jpg

   オレだけ『さん』が付いてた



オッサンの『さん』なのか?


そして、驚いたのは、この状況だと明日の朝、避難してる人に
炊き出しが必要になってくるかもしれないとの判断で、台風が
去った後、炊き出しできる準備を始めた。


上島ヤスヒロのコトバ



   「1000食以上、用意します」



それに応えて、用意を始めるキッチン責任者。オレも支持を
受けながら、拠点の向いにある倉庫前の道に、溜まっていく
水を見ながら思った。




「この水が壁になって迫ってきたんや」




津波。

想像して更に想像して、もう少し想像して、それが『恐怖』
という感覚になった。それが、3月11日のアノ日



   実際に起きたのだ



上島ヤスヒロ君が、ボランティアを前に、必ず言うコトバが
ある。前にも書いたかもしれないが



もし自分に起きたらと、想像して下さい



想像した。というより、想像出来た。



避難してからも、避難した場所が床下浸水してきた時、水が
風呂に溢れてきた時も、津波ほどではないが少し想像できた。
この何倍もの勢いで迫ってくる水、それが津波だ。


見えないが迫ってくる恐怖。見えた時には手遅れになってる
可能性が、十分に考えられる自然の脅威。自然に癒される分
反動の恐怖は、抵抗することを許されない恐怖だと感じた。



03:00頃
水が引いてきた。今だッ!トイレに入って用を足す。外にも
出てみたら、避難してた辺りの水はスッカリ引いていた。
これも自然の怖さだと感じた。


その後も冠水した被害が出てる地域や、最近になって商売を
やっと再開させたのに、また同じように泥にやられたお店の
報告が入ってきたりした。


結局、炊き出しの準備は準備だけで終わった。この空振りは
ウレシイ空振りだ。




さて、明日、いや、今日も泥を出すボランティアが出動する。


| イシノマキにいた時間 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

避難勧告出てたんですね。
うちは大丈夫でしたが
水害怖いですね。何もなくてよかったです。

| 藤城式食事療法 | 2011/09/23 08:36 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

大変でしたね。避難誘導、応急処置さぞ大変だったかと思います。

同じ東北なのに、どうしてこうも太平洋岸だけ踏んだり蹴ったりなんでしょうね。

悲しいです。

そんな今日はボクの誕生日。

かっぱ寿司で盛大に?御祝い。

ちっともめでたくない誕生日だけど、一日も早くみんなが幸せになれますように・・・。

| はやさかサン | 2011/09/22 23:03 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://leader2940.blog59.fc2.com/tb.php/2489-58181bcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT