FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テーマという

どんな物語なのか。




改めまして、劇団プレステージ第15回公演【大地からのレラ!】に足を運んで下さったみなさん、ありがとうございました。劇団プレステージとのお付き合いは古く、それ故になんだか物語が劇団の今の状況と被ってるというご意見も多数ございましたが、それは・・・



たしかに、そんな部分も大いにあったと思うのですが、きっと誰しもが当てはまるテーマであるとも思っています。いつも脚本を書く前にプロットを書きます。その時、まずテーマを決めます。そんな今回の物語のテーマというか、伝えたかった事は



はじめの一歩を踏み出した場所には何もなかった。あの時は、確かに『ここから始まる』予感がして、いつもワクワクしていた。不確かで曖昧な未来だけれど、いつか大輪の花を咲かせる事を夢見てガムシャラに進んで来た。けれど現実は甘くない。厳しく険しく果てしない事を知り、前へ進むのをやめようとする。
そんな時、前に進むダレかがいると「諦めが悪いヤツだ。」とバカにする。諦めた自分の潔さと、諦めきれないダレかの愚かさに対する優越感。それでも前に進み続けるダレかには「お前はよくやった、もうそのくらいでいいよ。」と慰めの言葉を送る。先へ進もうとするダレかへの妬みと、置いていかれる焦り。それでも尚諦めない姿を見せられると、湧き出してくる感情は何なのか?その時、自分はどう動くのか?目を背けて、その場所から逃げ去るか、いま自分が出来る事、やるべき事に気付き、もう一度、始めの一歩を踏み出せるか。



みなさんに見ていただいた【大地からのレラ!】は、ここから始まりました。



このテーマから始まりました。テーマはブレずに進んでいくのが大切なのですが、最後の『その時、自分はどう動くのか?目を背けて、その場所から逃げ去るか、いま自分が出来る事、やるべき事に気付き、もう一度、始めの一歩を踏み出せるか。』部分だけが、少しブレました。というか変化しました。



最後は『その時、自分はどう動くのか?その場所から逃げるのか?残るのか?逃げることも残ることも、自分で決めることから始まる。』となりました。



みなさんからのアンケートの感想、毎日読ませていただきました。アンケート用紙ではなく、QRコードでのデータでの感想というのが少し残念でしたが、それは時代だからなのでしょう。



アンケート用紙に書かれた筆圧や文字のクセも含めて好きだったのですが。QRコードでは書けなかった感想など、良かったらまた、こちらにも書いて下さい。



役者のみなさんお疲れさまでした。スタッフのみなさん、お疲れさまでした。なにより、シブゲキに足を運んでくれたみなさん、本当にありがとうございました。



脚本・演出 福島カツシゲ

| ヒトリゴト | 21:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |