FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

無断転載・・・OK

ただし!なんか、いい感じでお願いします。




このブログを読んでくださってるみなさんに、昨日書きました舞台【イシノマキにいた時間】の相談です。いや、まぁ、舞台の公演をするのに相談というのも変な話ですが、これまでも、数多くの他力に頼ってきましたので



あの他力本願をもう一度!!的な感じです。
  


この舞台に関しては、ホントに、他力に頼りまくりな、他力まくりな告知活動なので、ジャンジャン意見を取り入れたい、いや、そんな上からな目線ではなく、ジャンジャンご意見お待ちしてますスタイルです。



今回、石巻での公演は、とにかく当時、小学生や中学生で、今、高校生、大学生、社会人となった人たちに観てもらいたいという小林深吾くんの思いが詰まってます。あ、小林深吾くんというのは、2011年に石巻で出会った友人です。お時間ある人は・・・こんな人です
  


深吾くんが、石巻の高校生や大学生に観てもらいたいと思っているのは、彼が、東日本大震災が起きた1週間後には、すでに石巻で活動をしていたからというのと、もうひとつ、2011年3月29日に石巻の避難所の一つであった湊小学校の図工室で行われた卒業式で、36人の6年生を先生方や保護者のみなさん、ボランティアたちと送り出したことが大きいのだろうと思うのです。



少し長くなりましたが、もう少し・・・是非、読んでいただきたい深吾くんの思いです。(以下、深吾のFacebookより)



舞台『イシノマキにいた時間』の公演には、多くの皆さんにお越しいただきたいのですが、僕としては特に石巻の高校生や大学生にこの災害ボランティアをテーマにした舞台を観てもらいたいと思っています。



2011年の3月29日、石巻の避難所の一つであった湊小学校の図工室で、36名の小学6年生の卒業式が行われました。学校再開の目処も立たないなか、小さくても卒業式を挙げたいという、地域の方、先生方、親御さんたちの思いで手作りの卒業式が行われました。NGO・NPOのボランティアも共同で泥をかき出して、掃除をし、紙で輪っかを作って飾り付けたささやかな卒業式でした。


涙を目に浮かべながら卒業していった彼女・彼らは、20歳になっています。8年間、楽しいことも、嬉しいことも、ひっちょしたら恋もしていたかな、そして、また涙することもあったかもしれないと想像しています。
  

現在、青年になった彼女・彼らに、当時の若者たちが災害ボランティアとして、どのように地元の人と関わりを育み、悩みながら活動していたのか知ってもらえる機会になったら嬉しいです。被災地のボランティアを切り取る時、「善意」や「感動的なドラマ」として報道されるふしがありますが、それはほんの一部でしかありません。ボランティアが被災地で活動をはじめ、また続けるのには、それぞれ個別の背景があります。そして、被災地での活動は、ボランティアと地元の人とお互いに影響し合いながら、うまくいくことも、難しいこともたくさんあります。
  

そんなことを思いながら、舞台の脚本・演出を手掛けた福島カツシゲさんに、「石巻の船の中で舞台の公演をやりたい!」と伝えたところ、「それ、やろうっ!」と即答で応えてくれました。そして、出演される石倉良信さんと田口智也さん、主題曲を作曲された吉俣良さんにもたくさん協力していただて、実現できることになりました。ありがとうございます。
  



という深吾くんの思いです。
  


長くなりましたが、どうすれば、彼ら、彼女たちに、この舞台があるという事が届くかなと。石巻の高校にはポスターを貼らせて頂いてます。市役所や、町にも貼って頂いてるそうです。
  


観てもらいたいのです、現在、青年になった彼女・彼らに。
  


どうぞ、石巻にお住まいで、このブログを観てくれてるみなさん、そして、石巻に、いや、もう、宮城県、いっそ東北の方に、家族、親族、友人、知人がいるみなさんは「こんなのやるよ。」と、SNSなどでお知らせください。



それが、回り回って広がって、石巻の彼ら、彼女らに届いて欲しいなと思っています。
  


2019070201.jpg

この写真は、2011年4月2日頃。



心身ともに疲れ果てた顔で、ホワイトボードに書かれた『声』を見つめている小林深吾くんです。
  


彼の携帯電話は、ずっと鳴り続けていました。この頃、住民の人たちに『困ったことがあったら、連絡して下さい』と声をかけながら渡していたのが、深吾の携帯番号を書いた紙でした。困った人たちの声は、直接、彼の耳に飛び込んできたのです。
  


みなさん、よろしくお願いします。
  

| ヒトリゴト | 23:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |