fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

画期的な商品

ポンチョ。




ポンチョというのは、今までにもあったけど、ここまで雨に濡れない計算された商品はなかった気がする。ハンドルもカゴも、全部を覆い尽くしてくれるというのは魅力だ。

スクリーンショット 2019-06-17 20.02.27

(画像は、商品ページのスクリーンショット)



見た瞬間「買いだッ!」って思ったのだが、こういうのは、ホントに使ってみないと分からない。何度も、騙された経験を持ってるので、最近はレビューを見るというのを教えてもらった。



ただ、今回は、レビューを見る前に気づいた。白抜きの文字で、いくつか優れたポイントを書いてあるのだけど、『カゴの中の荷物』とか『手・足』とか『顔』とか、いろいろ『濡れない』と書かれているのに

スクリーンショット 2019-06-18 01.27.36

『服』だけが『塗れない』と・・・



どうしたぁ?web担当の人、なんでや〜!!なんで、服だけ・・・もう、こういう凡ミス見つけたら、これ、絶対失敗するんやろな・・・って思ってしまう。もちろん、個人の感想ですよ。



結局、買わなかった。

| ヒトリゴト | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きという事

甥っ子、中学生になる。





まぁ、なんというか、当たり前ですが、小学校の6年間を経た甥っ子は、中学生になりました。



3歳だか4歳の頃に日馬富士のモノマネを見せられ、水泳を習ってた幼稚園の頃、ベッドの上でのクイックターンを見せられ、いつのまにか習い事は水泳からレスリングになっていて、その度に驚かされてました。



いや、もう、こども、特に身内は、何をやっても天才だとオジサン、オバサンは思うわけで、それは両親もそうだったり、逆に両親は冷静だったり、いろいろではあると思うのだけど、僕は、ただただ毎回驚いてました。



甥っ子は、小学生の頃から算数が好きだったのですが、中学生になって、算数から数学になっても、数学が好きというのは変わらないようでした。



自分を振り返って考えると、算数も数学も好きでやっていた記憶はないんです。イヤイヤでしたね、イヤイヤ。



サイン・コサイン・タンジェントって、この先の人生で必要か?と思いながらやってました、たしか。



で、甥っ子が勉強してる数学を見たら、ものすっごい難しい問題をやってまして、もちろん僕が理解できないというだけで、中学生というのは、これぐらいの問題をやるのかもしれないなぁと、自分もやってたのかなぁと思い



中学1年生って、難しい問題やんねんなぁ。と甥っ子に尋ねると



これ、高1の問題。と返されました。



なるほど・・・好きというのは、すごいなぁ・・・と、改めて思い出させてくれました。



今年、ようやく動き出せたオモシロ企画があるんですが、これは、もう自分の中ではライフワークとしてやっていきたいなぁと思う事でもあって、動き始めたら、新しい発見もあったりして、止まらなくなってます。



温めてたというのも違うし、練り込んでいたというのでもなく、むしろ、なんで今までやらなかったんだろうとも思うわけです。それはもう、怠慢でしかなかったわけです。



自分の中でオモシロイからスタートして、やりたいとなって、どうすれば出来るかを考え始めて、ここで慎重になったんでしょうね、立ち止まって考えたら、いつのまにか時間が過ぎていってました。



最初に自分のメモに書いてたフォルダを開いたら、日付は4年前でした。



これまでも、もちろん好きな事をやってきたし、これからも好きからスタート出来たらいいなと思っています。そこからスタートしたモノは、時間がかかっても実現に向けて、なんだかよく分からない感情がグツグツと?フツフツと?とにかく消えないので燻ってるのです。



燻ってるうちにスタートできた環境、そしてスタッフのみなさんにも感謝です。



なるべく早く、みなさんにも披露したいなと思っています。

| ヒトリゴト | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |