福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

衝撃のコトバ

母親という仕事。




手前味噌であるが、うちのオカンの料理は、美味い方だと思う。掃除機も、マメにかけてて家もキレイな方だと思う。



石巻の漁師、石森さんが、「料理はセンスと愛情だ」と言いながら手際よく料理するのを見たり、富良野の太田家で過ごす時に、ゆるやかな当番制度で料理をするようになってからは、オカンにも、ちょいちょい料理を作ったりするようになった。



で、ちょっと前に麻婆豆腐を作り、食べ終わって洗い物をしてる時に、オカンから「助かるわ〜」という後に出た衝撃のヒトコト。



わたし、料理するの好きちゃうねん。



えぇぇぇぇぇぇ!そうなん!?と、思ったりしたのだが、更に、先日、掃除機をかけた時に「助かるわ〜」の後に、また「掃除機かけるの好きちゃうねん。」と言うので、「こないだ、料理も作るの好きちゃうって言うてたやん」と言うと・・・



あぁ、私な、家事全般好きちゃうで。



いや、まぁ、たしかに・・・ふつうに考えたら、好きで家事やってるオカンって、そういてないやろうな。しかも毎日やもんな。



たまにやる料理は、そこそこ楽しいし、掃除機や、洗濯も苦痛ではないが、これが毎日となると、やっぱりどっかで何かを犠牲にしないといけなくなる。それが、兄貴誕生からとしても、ざっと52年という年月。



母親という仕事は、タイヘンなんだと実感した。

| ヒトリゴト | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |