福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

変わってます。

父親参観日。




カンフェティにてチケットが売り出された模様です。そして、まもなくインタビューも掲載される予定です。チケットは・・・コチラ



この公演の稽古を始める前にも書きましたが、いろいろ変わっていきます。最初の稽古が始まったのは1月なんですが、まぁ、その時はタイトルも決まってなかったんですけどね。


で、タイトルが決まって第1弾のWEBチラシのビジュアルを撮影したのが3月でした。タイトルは【父親参観日】そして、イメージは

blueprint001.jpg

オヤジたちが、教室の後ろで見守ってるイメージです。



この撮影の時に、それぞれ登場人物をイメージしながら衣装を着てもらったのですが、第2弾のWEBチラシでは、ガラッと雰囲気を変えまして、ただ、タイトルは【父親参観日】です。雰囲気を変えたというか、僕の中で物語というか、オヤジたちの職業に迷いが出ました。

IMG_6643.jpg

なので、だいぶ、ボンヤリとした感じのWEBチラシです。



Blue PrintのHPには、第2弾のWEBチラシになってます。まもなく第3弾のビジュアルが出ると思うのですが、たぶん、新たなチラシの画像になるんじゃないかと思われます。



現在カンフェティの公演ページに書かれている作品のあらすじは・・・



『サラリーマン、ラーメン屋、喫茶店のマスター、町工場を切り盛りする兄弟、様々な職業のオヤジたちが教室の後ろに並んでいる。飛び交うオヤジたちの声は、かなり自由で微笑ましい。そんなオヤジたちの『父親参観日』オヤジたちの威厳が失われつつある今、微笑ましくも切ない父親たちの物語。』



なのですが、ちょっと前まで、あらすじが違ってました。ちょっと前までは



『父親参観がキライだった。そんな自分が、いま、父親参観日に教室の後ろに立っている。あの頃、一度も振り向かなかった俺を親父はどんな思いで見ていたんだろう。』



でした。3ヶ月前は、あらすじもボンヤリしてますね。



もちろん、物語のイメージとあらすじは、大きく変わってないのですが、最初の撮影の時に、衣装を決めるために、僕が決めたオヤジたちの職業が変わってたりします。最初のビジュアルでは、明らかに

blueprint001.jpg

一番奥に、刑事がいてますね。



あと、マジシャンもいてますね。



舞台当日には、みんなどんな職業になってるんでしょうか?『おいおい、いいかげんな舞台やってんじゃねぇよ!』と思われるかもですが、この舞台のスタートが、そういうコンセプトで始まりました。



そのあたりの詳しい経緯は、まもなくのインタビュー記事に詳しく書かれてると思うので、そちらをご覧ください。(また記事が出たらコチラでもお知らせします)



そのインタビュー記事には書かれてないと思うのですが、今の時点で、刑事とマジシャンはいなくなりました。いや、和馬(山根和馬)と前ちゃん(MAEDA)がいなくなってるわけじゃないです。そして、彼らが悪いわけでもないです。職業が変わりました。



転職したと思って下さい。



本日も稽古をしてきましたが、いい感じになってます。ご期待下さい!

| ヒトリゴト | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |