福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

めざせ1位!!

今年もやりますエンタビ。




富良野では、毎年のように舞台をやらせてもらったり、祭りの司会をやらせてもらったり、また演劇と観光を合わせた新しい事にチャレンジさせてもらったりしてます。



去年、台風による大きな被害で中止になった【演劇+旅=エンタビ(海外からの観光客向け)】を、今年の秋にやる予定です。そんなエンタビの最初のチラシとポスター撮影(2015年)の風景を、太田工場長のお父さんが、コッソリ写真に撮ってまして、それをCANONの全日本機種別選手権大会に応募されたようです。



僕は、お父さんが応募した写真の撮影地である北の峰には、3度歩いて登りまして、富良野のオススメスポットです。夏は早朝に雲海を見に、冬はスキーをしに、ゴンドラで頂上まで行けるのです。

11057893_862348153840788_8723830252699468629_n.jpg

あ、コレが応募作品ではないですよ。



ここから見える風景は、東京23区の広さと同じ面積で、そこに25,000人の人が住んでいるのです。東京23区には、950万人の人が住んでいます。



と、ちょっと話がそれましたが、2年前のチラシ&ポスター撮影の日は、工場長のご両親が富良野に遊びに来てまして、工場長は、親孝行アテンドと撮影の準備やら撮影スタッフのアテンドでテンヤワンヤしてました。



そんな中、お父さんは、ゆったりノンビリしながら、趣味のカメラで楽しそうに写真を撮ってました。ここは、麓郷のとある場所での撮影を見てる(待ってる?)工場長のご両親。

11836751_876933755715561_8772931114630838794_n.jpg

背後の雲行きはアヤシイのですが、撮影してる上空だけが晴れてたという奇跡の天気。



かれこれ8年以上前になりますが『2位じゃダメなんですか?』という言葉がありました。この『全日本機種別選手権大会』は、2位でも3位でもいいんです。いいんですが、やはりここは1位を目指して欲しい。



一般投票で順位が決まる大会のようで、僕も当然、現在4位の『富良野の朝の撮影』という太田父の作品に投票したんですが、どれもいいんですよ。現在(6月1日)の3位の『運動会のハプニング』さらには5位の『自由だー』の写真もいいんですよ。



なので、いや、そりゃぁねぇ、太田父の作品には『思い』がありますから、投票してくださると喜びます。僕も工場長も、太田父も。ただ、忖度していただかなくていいです。太田や福島の『ご意向』もナシです。いいなぁと思う写真に投票してください。


投票は、コチラから・・・CANONの全日本機種別選手権大会


投稿者ネーム『どんかい』というのは、工場長のお父さんのお父さんが、大戦中にインドで5年間の民間人捕虜として抑留生活を送っていたとき描いた絵の署名で、それを借りているそうです。なんか、3世代に渡っての『思い』が詰まった写真です。



のどかな朝の風景と、その一瞬を切り撮ろうとするプロフェッショナルのカメラマンたちの緊張感が、なんかいいですね。いい写真だなぁと思うのです。



なんやかんや言いながらも、やはり『どんかい』さんに愛ある1票を!!

| ヒトリゴト | 19:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |