福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ものすごく稽古してます

1日があっという間に過ぎていきます。




ここのところブログをずっと更新できてませんでした。いつもの事ながら、稽古をしていると時間が足りないと思ってしまいます。それでも、富良野演劇工場という場所は、とても集中できて質のいい稽古をさせてもらってると思っています。



なので、もし今回の【エレベーターガール ~ご希望の階には止まれません~ 】を見ていただいた時に、面白いと思ってもらえなかったら、それはもう脚本・演出が悪いのだろうと思います。脚本を書いたヤツの責任です。



今回、7年ぶりに僕の作品に出てもらう長谷川さんですが、ほぼ6年前に子どもを産んで、それから何より子どもが生活のド真ん中にありました。



好きな舞台が、なかなか出来なかった事も「こどもがいるので」という理由があり、ただ、その「こどもがいるので」というのを文字にして書くと、こどもがいる事で、自分が犠牲になっているという風に取られたりもしますが、そっちではなく、長谷川さんの場合は、ものすごい笑顔で「こどもがいるので」と言ってました。



こどもとの時間が一番なのでという顔でした。もちろん、そんな単純なことでもないとは思いますが。



今は、こどもと過ごす一番の時間を少し頂いて、舞台に向けて役者をしてもらってます。なので、富良野のみなさん、また北海道のみなさん、そして、もしかしたら道外から来てくれようとしてるみなさん



是非、女優・長谷川紀子をお楽しみ下さい。



昨日は午前中の天気が良くて長谷川さんは、こどもに一番の景色を見せてやろうと忙しく写真を撮ってました。




そんな長谷川さんが撮った写真はパノラマの絶景です。





撮り終えた後は、いつも「本物を見せてあげたいんですよねぇ~」と言ってます。女優の顔と母の顔。ふたつの顔が行ったり来たりしてます。



今の僕にはこどもがいないので、やはり『笑い』に費やす時間が一番なのですが、こどもが出来た時に「こどもがいるので」という言葉を、どう使うのだろうか考えます。



出来れば「時間が足りなかった」とは思わないようにしたいなとも。



今回の舞台【エレベーターガール】では、そんなテーマも入ってるような・・・後付ですが。



まだまだ、パノラマの絶景ポイントはいっぱいあります。



3日ほど前は、十勝岳の雪もまだまだ残ってました。




道内、道外を問わず、是非、実物を見に来て下さい。

| ヒトリゴト | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |