FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ワガママから始まりました。

実行委員長・中村くんのコトバ。




2012年7月の鹿児島公演を見に来てくれた、ヨッさんの劇団研修生時代の友人は工務店のオッサンになってました。そのオッサンが『この公演を地元の人たちに見せたいと言う、僕のワガママから始まりました。』と言ったのを思い出しました。


そのワガママは、決して都会ではない熊本県八代市の日奈久という温泉地での2日間3公演を、すべて満員にするという大きな輪になってました。


hinagu.jpg




遡ると、『イシノマキにいた時間』の公演は、ワガママから始まってます。どうしても2011年の内に上演したいと思い『出来るか出来ないかではなく、やるんです。』と言って、ヨッさんやスタッフのみなさんを巻き込みました。2012年3月にはタブチくんを巻き込み、その後、いろんな人に無理を言って全国公演をしてきました。もぉ、ワガママ放題でした。ただ、そのワガママには信念があったと思っています。


熊本八代公演の実行委員長の中村くんにも、ワガママの中に信念というか確信というか、そんな想いがあったんじゃないかと思っています。


たくさんの人が来てくれました。昔からの友人が来てくれました。懐かしいボランティア仲間が、福岡からちっちゃい車に乗って熊本に駆けつけてくれました。


IMG_5049.jpg


IMG_5047.jpg



もちろん、他にもボランティアで一緒だった友人・知人が遠方から見に来てくれました。そして、最近は、『オフィスキューのサイトがキッカケで』とか『劇プレ(劇団プレステージ)を見て、知ったのがキッカケで』と言って見に来てくれる人が増えました。娘に連れられてきたお母さん、『娘に言われて』と言って見に来てくれたお母さんもいました。


そんな中で、やっぱりウレシイのは




  『友だちから、とにかくこの舞台を見て欲しいと連絡が来て』



と言って見に来てくれる人が、とても多いコトです。輪が広がってるというか広げてもらってるのを実感してるのです。きっと、ワガママの『ワ』は『輪』なんじゃないかと・・・話から和になり輪を広げたんじゃないかと思っています。伝えたいという想いを話すことで和ができて、それが、こんなにも大きな輪になったんだと思うのです。


自分たちが創ってきた小さな舞台なのですが、この舞台の輪を広げてくれたのは、みなさんです。もう少し、いや、まだしばらくワガママにお付き合い下さい。熊本城で3〜5分咲きの桜をバックに8分シャクレで




IMG_5067.jpg

   気合を入れてます




この輪を次は札幌で更に大きく広げたいと思っています。これまでに見に来て下さったみなさん、伝えてくれたみなさんが【イシノマキにいた時間】の共演者であり共縁者だと思っています。



札幌のみなさん、お待ちしてます。そして、札幌に親戚、友人、彼氏、元カノ、元妻のいるみなさん、是非、この機会にご連絡お願いします。合言葉は『オッサン2人とポッチャリ1人が札幌に行くよ』です。


IMG_5075.jpg

   熊本城に1本だけ8分咲きの桜を見つけました





| イシノマキにいた時間 | 20:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |