fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

再会の奇跡

おそるべしボランティア活動。




大阪から来てたボランティアの石川さんと川原さん。1週間の
作業を終えて今朝のバスで東京経由で大阪に帰る寸前に驚きの
事実。

この2人のチームは、平均年齢が高い分、作業が実にスムーズで
スゴイ上目線でいうと、報告もしっかりしてるチームだった。

その中心的な存在の2人。

再会

   
帰る間際の会話。(敬称略)


  石川「しげさん、大阪やねんて?」

  オレ「えぇ、天満橋です。石川さんどこです?」

  石川「俺は千林や」

  オレ「えぇ!オレ、小学1年まで千林ですよ」

  石川「ホンマかいな!」

  オレ「清水小学校ですもん」

  石川「俺かて清水小学校やがな」

  オレ「ホンマっすか!幼稚園、新森幼稚園ですよ」

  石川「あいつ(川原)新森幼稚園やで」

  オレ「でも、1年までやったからなぁ・・・」

  石川「しげさん、何年生まれ?俺、41年生まれ」

  オレ「えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


再会

   このオッサンらと同級生って!


  石川「あいつ(川原)も同級生」

  オレ「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

  川原「本校、分校どっちなん?」

  オレ「え?本校?分校?」

  川原「駅の方?」

  オレ「いや、違ったと・・・」

  川原「分校やな。一緒ですわ」

  オレ「いやいやいやいや、ホンマですか!?」


このオッサンらと

再会


   同じ幼稚園&小学校って!



うわぁ・・・敬称つける必要ないやん。



最後に、バスに乗って去って行く時「気ぃつけて帰って下さい」
って言うたけど



  「おまえら、気ぃ付けて帰れよ!」



で、よかったやん。


ホンマに、こんな形で同窓生と会えたボランティアに、感謝だ。


| イシノマキにいた時間 | 19:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完了と継続

スリランカの災害支援チーム。




6月2日にスリランカの皆さんは活動を終了して帰国しました。いつもパワフルに愛情タップリで活動しくれてた。



彼らの活動場所は、スグに分かる。

スリランカ



スリランカ1

作業に入る前に、かならず国旗を掲げる。



そして、彼らの最後の作業場所。1週間前はスゴイ状態だった。お宅の前に流れてきたモノを回収していく。(詳しくは、5/29のブログにて)



前にも書いたが、2日間の作業で

スリランカパワー2

コレだけのものを手で運んで



スリランカパワー1

ここまでキレイになっていた。




そして最終日。そんなもんじゃなかった。今日の彼らの作業

スリランカ3



家の裏に流れ着いた家財道具や泥の画像がないが、とにかく、いろんなモノで埋め尽くされてた。それが・・・

スリランカ2

ここまでキレイになってた。





もちろん、この家に住む方にとっては、思い出のモノなどが、すべて流されたワケで、単純に喜んでるのではないと思うが、どうにか再スタートを踏み出せるようになったと仰ってた。



スリランカの皆さん、本当に長期間ありがとうございました。みなさんのおかげで?わたしの滞在も延びました。



さすがにそろそろ帰る準備をしないとなぁ・・・

| イシノマキにいた時間 | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |