FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

歌舞伎町で引退公演

開演は23時半でした。



いや、その劇場自体は12時ぐらいからやってます。昼の12時から
1日4回まわしだそうです。ただ、引退公演は23時半ぐらいから
始まりました。


   場所が歌舞伎町

   時間は23時半


まぁ、これで察していただけるとありがたいです。

仕事を終えて東京に着いたのが21時半すぎ。原宿に見に行こうと
思ってたgravityには間に合わず、歌舞伎町に向かった。


   知り合いの引退公演を見に


そんな中、歌舞伎町という町は驚かされる。いきなり風林会館近くの
お店にガサ入れ。目の前で、制服&私服の警官が右へ左へ、パトカー
大集合。もぉ完全に


   歌舞伎町24時 逮捕の瞬間100連発


をライブで見た感じ。ただ、周りのお店や、キャッチのお兄さんや
ホステスさんたちには日常の光景のようで、たいして町がザワツク
こともなく、ヘンに平和だった。

そんな危険な不夜城での引退公演。引退というと、スポーツ選手が
思い浮かぶ。

プロスポーツ選手だと、自分の力に限界を感じたときか、自分では
まだやれるが、最高のパフォーマンスを見せられなくなったことへの
苛立ち、そして最も悔いに残るのが怪我、病気。



おそらく、そのどれでもない引退公演だった。幸せを掴むための、
いや、幸せを掴めたことを確信しながら引退公演をする彼女の笑顔は
輝いてた。

12年近く立っていた舞台に、もう立たない決意で踊ってるのに、全く
悔いのない笑顔で去っていく彼女に、その決心をさせた人に、悔しいが
モーレツに感動してる。

| ヒトリゴト | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |