fc2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シモ富良野TV 温泉は、、、出てた?(後編)

温泉を掘りに行った。

スゴイ秘境だったのは間違いない。『もっこり温泉』としても最高だ。
ただ、、、温泉は、すでに出てた。

流れる川の中に出来ていた完全天然露天温泉。もう少し明るければ、
いや、たとえ月明かりでも、完璧に見えてた、、、チ○コが。
そういう意味では


   曇っててよかった





富良野に、上富良野にお越しの際は、十勝岳温泉『湯元凌雲閣』
行ってみて下さい。
もしかしたら、『もっこり温泉』がヒッソリ&モッコリ出来てるかも
しれません。

さぁ、明日は富良野での大きなお祭り【北海へそ祭り】だ!午前午後
1回づつステージに出ることになった。もちろんモッコリで。ただ、
怖気づいて


   へそがモッコリしてるかも

| 熱闘後 | 23:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉発掘への道!(前半)

いやぁ、温泉掘る前に、十勝岳温泉への道のりで終わるとこだった。
確かに険しい上り坂ではあったが、、、どうも


   体がなまってるような気がする


これは、富良野でのアパート生活が、ぬるいんじゃないだろうか?

映像は、まだ前半だけだが、【湯元凌雲閣】は標高1,280メートルあり
更に、富良野岳のケモノ道を2キロ以上も進んで湧き水を引いてる。
もちろんメンテナンスのために定期的に補修をする。そりゃ、、、


   インドの僧侶も来るわ

たどり着いたら、ご馳走が待っていた、、、また甘やかされてぬるく
なってる?いや、ご好意ですから。
   
  07-07-27_17-30.jpg

   
あまりにも疲れて、湯元凌雲閣のアイドル?ゴンタの腕枕で眠らせて
もらった。

  07-07-27_17-22.jpg
 

そんなワケで、久々に楽しいというよりは、厳しい道のりの映像を
ご覧下さい。

   



続きは、後ほど、、、。

| 熱闘中 | 20:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

詳細映像、、、その前に

いやぁ、タイヘンだった。ある意味『ヘンタイ』だった。


温泉発掘?を終えて、いったん富良野に戻ってきた。こんな宣伝も
ヘンですが、DVDを買ってないみなさん、早く買わないと


  温泉を掘り当てたら自分で買い取って捨てますよ


いや、捨てないけど上げちゃいます、ユニセフとかを通じて世界の
子供たちに。
あッ、まだ掘り当ててないんで大丈夫ですが、、、。

   モッコリ温泉(完全露天風呂、水着不可)

は、そこまで来てます。
映像編集が出来たら、追ってアップしますが、その前に、今回の
温泉発掘プロジェクトに全面協力してくれた、上富良野にある


   湯元凌雲閣


のK治さんのおかげです。ええ、もちろん、この人もヘンタイです。
温泉発掘、すでにしてくれてた。標高1280メートル。
北海道では、チャリン子で行ける最高峰らしい。わざわざ中富良野で


   スコップ買う必要なかったやん!


| 熱闘後 | 14:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |