FC2ブログ

福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仙台大会初日

  <不自然治癒>

ちょっと体が重いような、いつもより動きがノロいような、あれ?
もしやノロウィルス?
昔、食中毒になったまま知らずに、そのままにしてて、あまりにも
腹痛が治らなかったんで病院に行ったら


  「食中毒でしたけど、ほぼ治ってます」
  「えッ、ほぼ?」
  「たぶん明日あたり完治しますよ。お薬出します?」
  「いりません」


そんなやり取りを思い出した。痛さを我慢してたわけじゃない。
やっぱり『M』なんだと思う。人はコレを自然治癒と呼ぶ。


  <寒いと思うな、思えば寒い>

まぁ、まだまだ序の口だと思うが、寒い。これが仙台の寒さで、
次に盛岡でも何%かUPして寒いんだろう。熊が冬眠したくなる
のもよく分かる。
あとちょっと寒かったら、ホントに動きたくなくなる。まして
チャリンコで1日100キロとか走るヤツは、完全にバカだ。

  


そこは全く否定できない。

  <気仙沼二郎さん>

今日は、みちのくプロレスの『気仙 沼二郎さん』に連絡した。
チャリンコで盛岡に着く頃、沼二郎さんは入れ違いで広島、大阪に
遠征で、残念ながら再会&プロレスデビューは次回になった。



  <札幌の磯部くん>

北海道に全く頼りにならない知り合いがいたことを思い出した。
そいつの名は


  磯部弥一郎(イソベ ヤイチロウ)


なんか名前だけは、代々続いてる造り酒屋の息子みたいな名前だが
いつも、すっとぼけてる。電話をすると


 「はいはい、やいちです。カツシゲさん、札幌着きました?」
 「いや、まだや。おまえ、、、ブログ読んでないな」
 「ナニをおっしゃいますか!ちゃんと読んでますよ。どこです?」
 「仙台や、仙台」
 「はぁ、仙台ですか、まだまだですね」


言葉にココロがない。


 「なぁ、苫小牧から札幌ってどれくらいある?」
 「ん~、これまた難しい質問ですね。調べます」


そう言って、しばらくして電話があった。


 「カツシゲさん、ふたつルートがあります」
 「へー」
 「山道ルートと国道ルートですが、どっちを?」
 「・・・国道やろ」
 「そうでしょう。山道ルートは除雪されてません」
 「最初から、そのルートナシやろ!」
 「ナシですか。やはり、国道で行きますか?」

その後、オレの問いにことごとく

 「何キロある?」
 「ちょっと待ってください、、、おーい」

 「苫小牧と札幌の間に町はあるの?」
 「ちょっと待ってください、、、おーい」

その「おーい」の相手に代われ!


  イソベ ヤイチロウ、、、


こんな男なのに、憎めないのだ。そして、なぜか熊本の肥後マックス
宮崎さんを思い出してしまう。



山道ルートを勧める人も、国道ルートを進める人もここをクリック。
旅行ではないんですが、旅行ランキングで1位を取ります!
にほんブログ村 旅行ブログへ


石山テレフォン一言コール

| 微熱闘中 | 20:44 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |