福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初恋のきた道

チャン・ツィイー デビュー作(たぶん)





先日、大きな川合さんと『巨牛荘』でプルコギを食しながら
映画の話になった。で、川合さんが『クレヨンしんちゃん』を
熱く語ったのもオモシロかったが、それ以上に




 「俺の中では、チャン・ツィイーは、この映画がピーク」




それが、この『初恋のきた道』という映画だ。





川合さんが「チャン・ツィイーが、もぉ、カワイイんだよ」って
言ってる事しか覚えてなかったが、DVDを借りて観た。


最初にチャン・ツィイーが出てきた時に、窓を開けて



   「かわッうぃ~~~~~!」




と、叫びたかった。その後も、チャン・ツィイー演じる少女ディが
何度も待ち伏せして、やっと好きな男性とすれ違い、歩いていった
後姿が




   「かわッうぃ~~~~~!」




その男性から貰った髪留めをつけて、微笑む、、、




   「チャンつうぃ~~~~!」



いやぁ、、、川合さん、これ、もう、納得。





ただ、このストーリーは、チャン・ツィイー演じる少女が、好き
だからこそ涙ぐましい努力を色々やるのだが、なんていうか




   ほぼ、、、ストーカー



ギリギリアウト。


最終的には少女の願いが叶う。叶うから良かったけど、それまでは
今の日本の法律なら、捕まってもおかしくないストーカーぶりだ。


そう考えると、いつからだろう。叶わぬ恋の努力を



   ストーカーと呼ぶようになったのは?




この話、めちゃめちゃ『ULTRA PURE!』やで。

| MOVIE | 01:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |