福島カツシゲ『本日も起志快晴!?』

毎日が攻めの姿勢

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾訪問3度目日記 ⑤

小親爺存在・・・台湾。





確実入携帯充電線・・・行方不明



購買?不購買?

猿1

我悩。



小親爺・・・懇願静返却。

| COLORS | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活動報告です。

山口上映会。




上映会で見てもらった映像は、2015年5月25日~27日に紀伊國屋ホールで公演した舞台を収録したものです。


舞台の映像だけを見てもらって終わるのではなく、上映後に、鈴木省一くんが撮り続けてきた石巻の風景や、石巻の人たちの写真を見てもらいながら『今の石巻』を伝える時間を作っていただきました。



上映会の前日に山口に入り、映像チェックなど最終のリハーサルでした。舞台の準備などをしてくださってるみなさん、主催である中国曹洞宗青年会の方々なので、全員スキンヘッドです。


もちろん、みなさんお坊さんで、柔らかなフォルムのスキンヘッドだったので、ものすごく見守られてる感満載のリハーサルでした。


20161018002.jpg



新しい形での【イシノマキにいた時間】が、お客さんに、どう伝わったのか、伝えることが出来たのか分かりませんが、大切なのは、僕たちがどう伝えたいかを届ける事ではないかと思うのです。


IMG_8515.jpg



   そんな活動報告です





僕もですが、特に省一くんは、かなり曹洞宗青年会に近いフォルムの頭でした。

20161018003.jpg



きっとお客さんの何人かは、曹洞宗の人だと思ってるだろうな・・・


| COLORS | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしまい。と書きます。

台本の最後に書く『エンドマーク』



けっこう、人によって違いますね。『END』だったり『了』だったり『完』だったり、人によって様々なのですが、僕は『おしまい』と書きます。


で、一昨日『おしまい』と書いたものの、本日の稽古で変更なんかしたりもして、本日の『おしまい』となったワケです。


10月24日初日の舞台【シコバラ 〜仕込みとバラシの物語〜】

シコバラ 富良野




いやぁ、今回は、タイヘンでした。思っている事が出来るかどうかで、物語の進み方が大きく変わったりするわけです。稽古をして確認しながらの改稿&改稿でした。やろうと思ってることをカタチにするまでに


劇場の下見に連れて行ってもらったり


流れの中で出来るかどうか組み立てたり


入るかどうか計ったり


出来ないんやったら諦め、なかったり



とにかくなんやかんや時間がかかりました。ただ、立ち稽古をしながらの改稿なので、すでに『おしまい』と書いた日に、ラストまでザックリ芝居も出来上がってます。


相当、ザックリですが。


稽古で、なんやかんや試みながら、スタッフのみなさんのアイデアと経験が、なんやかんや詰まってる作品となりそうです。


まだまだ、これから細かい演出の闘いが待ってるわけですが、ひとまず昨日、いや、すでに一昨日、物語が繋がりました。







シコバラ、現在、ものすごくワクワクしてます。お時間ある方は、是非。



| COLORS | 01:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

副音声、いや、福音声です。

喋っていました・・・ずっと喋ってました。




ご存じの方もいらっしゃると思いますが、テレビ東京のドラマ24【不便な便利屋】に出演させてもらってます。で、来週放送の第8話から最終話まで『もっとも不便な副音声』と題して、鈴井監督の副音声放送が実施されます!!


本日、第7話が終わってしまい、もぉ、残すところ5話しかないのです。


そんな5話分の福音声!詳しくは・・・コチラ



スクリーンショット 2015-05-23 02.04.35



不便な便利屋の第2話に登場した『不憫なパイプ椅子屋』が、副音声、いや、福音声としてやらせてもらっているのです。


もう一度言いますが・・・ずっと喋ってました。


ドラマの裏側と同じぐらい、いや、それ以上に?全く関係ない脱線トークも満載です。是非、ご覧ください。そしてDVD(7月15日発売予定)では、全話収録してます。第1話から第12話まで全話


ずっと喋ってました。


ご期待ください。

| COLORS | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ!【キッカケの場所】〜いつかのジブン〜

いろいろな現在同時進行形を終えまして・・・




しばらく専念させていただきます。

スペースゼロ2014



2014年11月末には、震災から3年9ヶ月になろうとしています。

舞台【イシノマキにいた時間】と、これまでの【キッカケの場所】は、ダレカの言葉や想いを脚本としてお芝居をしてきました。それは、隣で活動していたボランティアの声だったり、仮設住宅で暮らしている石巻の人の言葉だったり、被災地に行きたくても行けなかった人の思いだったり、そこに自分の思いをのせて芝居というカタチで伝えてきました。


今回の【キッカケの場所】は、自分たちが伝えたい事、あの頃や、つい最近感じたことを、芝居より、少しストレートに伝えたいと思っています。なぜ笑えたのか、何に怒りを感じたのか、どうして涙が止まらなかったのか。


自分が演じる、いつかのジブン。そんな舞台です。



ちょっと熱めにお届けしますので、冷まさず感じて頂ければと思っています。


是非、お待ちしています。詳細は、コチラ

| COLORS | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月28.29.30日のお知らせ。

本日、チケット発売です。


タイトルは【キッカケの場所】なのですが、内容が大きく変わります。

石巻専修大

写真は、石巻専修大学。僕のキッカケとなった場所です。(2011年撮影・上野祥法)

今回の【キッカケの場所】では、西海健二郎と結城洋平にも参加してもらい、吉俣良さんにも、今までとは違ったカタチで参加していただく予定です。

是非、お時間作って足をお運び下さい。


2013年末に下北沢Geki地下Libertyで上演した【キッカケの場所】は、その時の石巻を伝えたいと思った作品でした。震災から3年半が経った今年の9月には、富良野と札幌で、少し内容を変えて上演しました。

その時を伝えるために変わっていく作品んなのですが、今回は、自分たちが伝えたいと強く感じた『いつかのジブン』と『あの日のダレカ』を、芝居より、少しストレートに伝える舞台で、今までとは大きくスタイルが変わっていると思っています。


じゃあ【キッカケの場所】ってタイトルじゃなくていいだろ!


という事なんですが、作品の真ん中にあるのは、これまでと同じように、石巻の風景や出来事がキッカケとなってる人たちの作品です。

トークライブではなく、歌うわけでも朗読でもないスタイルの舞台です。なぜ笑えたのか、何に怒りを感じたのか、どうして涙が止まらなかったのか、自分が演じる、いつかの自分。そんな舞台です。


詳細&チケットは・・・コチラからどうぞ!


とても聞いて欲しいと思う話を、少し熱めにお届けしようと思っています。

| COLORS | 10:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うわッ!もぉ、9月だ!!

9月の半分を北海道で過ごします。



札幌からはじまり、富良野、そして、もう一度札幌、最後に釧路での公演です。もし、お近くに住んでる人がいましたら、是非!そしてお近くに住んでるかもしれない友人知人のいる方は、是非、その友人知人に連絡を取ってもらえるとありがたいです。


そうです、みなさん頼りの他力本願システムです。


まずは、9月3日19:00〜 cube gardenでの【イシノマキにいた時間】から始まります。


環境が変われば人が変わり、人が変われば、環境も変わるように、あたり前ですが、人のキモチが変わっていくように『何か』が変わると、その『何か』にくっついてる『何かナニか』も変わります。

変わるというのはあたり前で、むしろ変わらない方が怖かったりもします。

石巻に限らず、被災した町は、きっと町が変わることで人も変わっているだろうし、逆に、住む人が変わって、町も変わっているのだと思うのです。では、復興が進めば支援も変わり、支援が変わると、復興は・・・進むのでしょうか?


支援というのは、誰のためにあるモノなのか考えることがあります。もしかしたら誤解を生むかもしれませんが、被災地では、はなっから支援なんて求めてない人もいて、むしろ支援などやめて欲しいという人もいます。

ただ、やっぱり、あの頃、支援は必要だったと思うのです。

支援を必要としていたのは、支援される側だけでなく、きっと、支援する側にとっても必要だったような気がします。あの頃、多くの人の中にあった『何かしたい』というキモチを納得させるためにも、支援という分かりやすいカタチは必要だった気がします。


今はどうなんでしょう?


復興が進んでいく中で、支援は変わっているのでしょうか?もちろん物質的な支援や、活動の内容は大きく変わっています。では、キモチは、支援をする側のキモチは、どう変わったのでしょうか?


石巻で知り合った浜の大将の娘さんが結婚しました。相手は、幼なじみの漁師です。そんな2人の披露宴で司会をやらせてもらいました。浜の人たちが、あたり前のようにお酒を飲み、笑い、祝い、そして、娘からの手紙に涙していました。

きっと当たり前の風景なのですが、初めて石巻の風景を見た時も、何度も浜で『漁業支援』という活動をしていた時も、こんなに早く石巻の人のお祝い事に参加できるとは想像できませんでした。


いま、必要なのは、支援ではなく、関わるという事なのかもしれません。支援というコトバには、やはり、一方通行な響きがあります。


関わるというのは、きっと支援よりも難しく、だから、支援よりも嬉しいことでもあると思うのです。関わるというのは、石巻や被災地に限らず、生きることに必要な事のような気がするのです。


家族と、友人と、知り合ったあの人と関わる。


ボランティアという活動から離れた人たちが、今の自分と石巻との関わりをテーマにしている作品が【キッカケの場所】です。是非【イシノマキにいた時間】と合わせて見ていただきたい作品です。


お時間ありましたら、多少キツキツのスケジュールでも、是非、北海道まで見に来てください。札幌、富良野では、2作品を。そして釧路では【イシノマキにいた時間】だけですが上演させてもらいます。


詳しい情報は・・・コチラです


そして、富良野、釧路公演では、3人の写真家の写真展もおこないます。お待ちしてます!!(画像をクリックすると大きなサイズで見ていただけます)


鈴木省一

写真展B1鈴木



平井慶祐

写真展B1平井



上野祥法

写真展B1上野



みなさんに、アッという間に冬が来ないように祈っています。


| COLORS | 08:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏のFes.です。

フェスです・・・言いずらい。



17回目のFUJI ROCK Fes.は終わってしまいましたが、この夏の新しいフェスといえば、SHIGE ROCK Fes.というのを新宿のスペース・ゼロで・・・いや、違う違う。そもそも歌わない。


ありがたいことに9日のローソンチケットは完売になったそうですが、9日のチケットは、スペース・ゼロチケットデスクにて若干残ってます。是非、お早めにどうぞ。


チケットデスクは、コチラです。




今回の公演では、新しい試みをやらせてもらいます。これまでよりも会場が広いので、よりたくさんの人に観てもらえる空間であり、ロビーなども有効に使わせてもらい、これまで以上に、たくさんの風景を持って帰ってもらいたいという事で、ロビーでは


いしのまきのあさ


   鈴木省一の写真展【いしのまきのあさ】



カフェスペースでは、石巻の美味しいモノと想いがこもった

ともぐい


   トモ食いプロデュース?【石巻物産展】(写真はイメージです)



この『トモ食い』とは【イシノマキにいた時間】のキャストである田口智也が、毎月のように、石巻の美味しいモノを食べて帰ってくるだけという、ものすごい個人的に楽しんでる満腹満足企画です。



更に、今回は、吉俣良さんに東京で初めてピアノを演奏してもらい、そして、お芝居。となると、これは、もぉ、フェスでしょ!もちろん、そこには、石巻の今と、そしてあの頃を知ってもらい感じてもらうというフェスにしたいと思っています。


これまで、兄弟船、荒波牡蠣夫(アラナミガキオ)というエンディングをお届けしましたが、新たなエンディングをコツコツ製作中です・・・ヨッさんが。



前回は、こんな不満も漏らしてましたが・・・コチラ





笑って、お腹減らせて、石巻の物産を持って帰って、そして、少し、劇場で見た写真、聞こえてきた音楽、感じてもらった芝居のセリフ。その先に見える風景を思い出してもらえたらと思います。


どこかに、あなたのアンテナに引っかかる電波が飛んでるんじゃないかと思っています。お芝居が苦手な方こそ、是非、お待ちしています。


公演のチケットなど詳細は・・・コチラから是非!





では、明日から、石巻の【川開き祭り】の風景をのぞいてきます。2011年は、アチコチにボランティアの姿がありました。それは、あの時に開催に対して賛否があり、それでも開催すると決まった時に、ボランティアがいる風景が日常であったという事実があり、今の風景はどうなのかを見てこようと思います。

DSC02288.jpg

  (写真は2011年・夏 川開き祭りの風景)





| COLORS | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ〜ン生活

もぉ、何日目になるか忘れました。




さて、そんな忙しいとも忙しくないとも、自分でよく分からない毎日を過ごしておりますが、次回作の【MY STAGE】の稽古も、いよいよ本格的になってきてます。そんな昨日【MY チャリンコ】で街を風のように駆け抜けてたら、なんと



IMG_6336.jpg

   偶然にも自分ちを発見しました



今まで、何軒か【居酒屋しげちゃん】というのは見たことがありますが、ここまで、我が家を主張してるのは見たことがなく、きっと、ダレかのサプライズなんだろうなぁ〜。たぶん、ここには



   嫁もいるんだろうなぁ〜



息子とか、娘とか、嫁の両親とか、あと・・・嫁の旦那さんとか・・・あれ?まぁ、いいか。



次回作の舞台【MY STAGE】は、オムニバススタイルの『笑ト・ストーリー』となってます。サッポロ〜ンのみなさん、是非、笑いに来て下さい。お待ちしてます。詳しい情報は・・・コチラ





| COLORS | 13:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

拝啓・大泉洋さま

そして、オクラホマの河野くん、藤尾くん。




DVDの注文が来ました。サンサンサンデーで、あんなに盛り上がってくれたおかげで、久々に注文サイトが賑やかに・・・えっと、賑やかに・・・



   4枚注文来ました



あ、1人は、知り合いが聞いてて、注文してくれたので、実質3枚・・・ひとり1枚という計算です。えっと、ラジオでも言ったように、7,000枚近くある中で、あんなに時間を使って面白がってくれて、え〜〜っと、3枚、いや、4枚・・・この際、どっちでもええわ!!


いやぁ〜いかに、売れないDVDなのかってことを、再認識するカタチになりました。それでも、サンサンサンデーを聞いて買って下さったみなさん、本当にありがとうございました。まもなく、長い眠りについていたDVDが届くと思います。

まだまだ、自宅に山積みになったDVDと、富良野でお世話になってる太田工場長の家にも、たしか800本ほど置いてあるのと、その他、新潟とか、あと・・・忘れましたが、散らばっています。


そして、ラジオでも言ってた『オクラホマ、意味が分からないまま手伝わされたあの頃』のブログが、コチラ(2008年11月22日)・・・いい夫婦の日に何やってんねん、オレ!

まぁ・・・たしかに、そうだった。生活に関係ないモノばっかりだった。




一度、これを機に心機一転『こんなDVDどうですか?』みたいな呼びかけをしてみようと思います。うわぁ・・・表紙のオレ、なんか爽やかな感じ保ってるやん。

colorscollection2.jpg




内容は・・・こんな感じです。




それでも、その後の【イシノマキにいた時間】の告知なんかも、ガッツリしていただいた効果もあり、東京公演のチケットは全公演完売になりました。本当にありがとうございました。


札幌公演までにも、たくさんの人が伝えてくれたおかげで、こうして満員のお客さんを迎えて東京公演を上演するコトができます。現在追加公演の日程を検討中です。もし、まだチケットを取ってなくて、年末、ちょいちょい時間がある人は、是非、見に来てください。


 
   あ・・・日程決めないとですね



詳細は、近日中にコチラから・・・【イシノマキにいた時間】公式ホームページ


| COLORS | 18:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT